甘い罠、上手い儲け話とはどうしてあんなにも魅力的に感じてしまうのでしょうか?

実際にお金儲けの上手い話しに乗ってしまい、

大金を失ってしまったときの怒りや屈辱は何物にも言い難いかもしれません。

金額の大小はも大きく関係しますが、

上手い話に乗って損をしたときの気持ちは嫌ですね。

生きていれば必ずどこかで上手い儲け話を耳にする機会があるとあると思います。

特にお金儲けの話となると理性を失いやすいのかもしれません。

お金のない人ほどこの甘い罠に引っ掛かってしまうことがありそうです。

このような事実が少なからずあるので、

お金に対する思い込みが出来上がるのかもしれません。

 

お金儲けの上手い話、簡単にはお金稼ぎはできない真実

 

人はやってみないと分からない生き物

どんなに注意しても、

どんなにアドバイスしても、

人は自分で確かめないと気が済まないのかもしれません。

なぜならば、

人は自分が納得したいからです。

それは、脳内の機能を知って自己実現「空白の原則」にある通り、

脳は疑問が生じることを嫌う傾向があるので、

それをなんとか埋めようとして納得を求めるのかもしれません。

 

心の虚しさを埋めようとする心理

人間関係で疲れたとき、あなたはどのようにストレスを発散しますか?

1、スポーツで汗を流してスッキリする。

2、甘い物を食べる時間を楽しむ。

3、映画など非日常空間に身を置いて現実から離れる。

他にもたくさんありそうですね。

実はここに甘い罠があるのかもしれません。

それは、ストレスが溜まるとそれをどこかで発散しようとするからです。

それがなぜいけないのでしょうか。

ストレスを発散するには多少なりともお金が掛かりますね。

問題はお金が掛かることではありませんが、

ストレス発散のための行動は、

一時的にな改善方法なので、すぐにいつもの虚しさが襲ってきます。

そうした人はお金を稼ぐことを考える前に、

心の問題を癒すことを考えなければいけません。

大抵の場合、心の問題は家族関係にあるようです。

サークルでの付き合い、

仕事関係の付き合いでは、

それを辞めてしまえば人間関係をリセットすることは簡単です。

しかし、家族関係は死ぬまで関わり続ける人間関係の土台とも言えそうです。

家族関係と向き合うことを避け、

お金で解決しようとしていませんか?

または他のことで気を紛らわそうとしていませんか?

そしてさらに言えば、

家族関係によって築いてきた今までの価値観と向き合うことです。

つまり家族関係というよりは、

家族関係を通して出来上がった自分の価値観に意識を向け、

そこにまず気付くことが大切です。

あなたが家族と接する上でで当たり前と思っている行動は何でしょうか?

実は問題と自覚していることより、

当たり前のように行っていることに原因があるのかもしれません。

たとえば、

恋人と別れてその原因を聞いたとき、

自分の知らなかった意外な答えが返ってきた経験はありませんか?

または、

「これはいけないかもしれない」

と思いつつそのままにしていたことはありませんか?

分かっているんだけど面倒なので放置していたことなどです。

この分かっているんだけどそのままにしていることも問題と成り得るかもしれません。

ではお金儲けの上手い話に乗らない心をつくるにはどうすれば良いのでしょうか。

 

緊急ではないが重要なことに行動の重点を置く

いままで心の問題と向き合ってこなかった原因は、

分かってはいるんだけど放置していたことかもしれません。

緊急ではないが重要なこととは、

簡単に言うと将来に向けての行動です。

だけどここは意識的に行動しないといけないところでもあります。

なぜならば、

普通に生きていても問題のない領域だからです。

将来に向けての行動など誰からも教わることもありません。

そこに意識を向けて行動を変えて習慣にすることで、

感度が高まり、今まで気付かなかったことも気付きやすくなると思います。

非常に面倒に感じることかもしれませんが、

あなたが行動を変えることでやがて家族関係にも変化が現れると思います。

そうして心に余裕ができはじめ、

お金稼ぎの儲け話には気にもとめなくなり、

このようにお金を稼ぐための真実を知ることで、

夢が現実になる日も近づくかもしれません。

いかがでしたでしょうか。

あなたのお金の考え方の参考にして頂ければ幸いです。