片思いをしている彼とどうすれば繋がることができるのでしょうか?

巷には引き寄せの法則という言葉が出回っていて、

引き寄せの法則を使った恋を実らせる方法などがありますね。

 

気になる男性が見つかっても、

その人との恋愛がうまくいくかどうかはわかりません。

 

「彼との距離を縮めたいけど、嫌われたくない…」

 

このように考えだすと、どんどん思考の罠にハマってしまうように

答えが出ずに頭の中をグルグルと回転して嫌になってしまいますね。

 

恋愛にも活用できる引き寄せの法則。

引き寄せの法則とはシンプルに、

 

同じ性質同士のものが引き寄せ合う

 

という原理を利用して、自分が理想とするもの引き寄せてしまおうという法則です。

なので、あなたが望んでいることに対して同質化する必要があります。

つまりあなたが変わらなければいけないということ。

引き寄せの法則でうまくいかないパターンとして、

望んでいることに対して自分が同質化できていないことがあります。

 

要はどれだけ本気で向き合っているか?

 

ということです。

今回は、引き寄せの法則を使って片思いを成就させる方法をご紹介します。

 

引き寄せの法則で片思いを成就する8つの方法

 

1、基本は前向きに

 

引き寄せの法則では、思い描くイメージが大切です。

この思い描くイメージが強いほど現実として引き寄せられます。

 

そんなとき、ネガティブなイメージを持っているとどうなると思いますか?

もうお分かりですね?

そうです、どんどん悪い性質のものを引き寄せてしまうのです。

 

そして引き寄せの法則は常に僕たちの心に作用しています。

なので、普段から出来る限り自分の楽しいことや幸せなことをイメージするよう

心掛けることが大切になってくるのです。

なので、まずはイメージすることが引き寄せられると肝に銘じておくことです。

 

 

2、笑顔になる習慣

 

望むものと同質化するために最もシンプルな方法は、

 

普段から笑顔になる習慣を持っておくこと。

 

楽しことが好きならば楽しい習慣を、幸せになりたいなら幸せの習慣を、

それぞれ普段から笑顔になれるよう習慣にすることが大切です。

そして笑顔の習慣を持つ人は周囲いも伝染していくので、

よりあなたの周りには同じ性質の人たちに囲まれていくようになります。

 

そうすると片思いをしている相手の心にも響き、

あなたに対して自然と心を開いてくれるようになるでしょう。

 

 

3、理想の自分をイメージする

 

目的がなければ引き寄せの法則を活用することはできません。

なので、あなたがどうなれば最高の気分になれるのか?

そんな理想とする自分のイメージを強く感じる必要があります。

 

そうすることで、脳に向かう先を伝えてあげるのです。

脳はカーナビゲーションと同じで目的を設定してやると、

あとは自動で道案内をしてくれるようになります。

なので、道で気になるものを偶然見つけることができたりするのです。

 

あなたが片思いの彼と望む結果を引き寄せるために

理想のイメージをしっかり感じとれるようになりましょう。

 

 

4、身体で感じる感覚

 

上記の続きになりますが、

イメージとセットで「感覚」を感じられることが重要です。

嫌な予感がすると的中した経験はありませんか?

これは、嫌な予感という「感覚」を感じていたから引き寄せられたのです。

 

あなたが幸せについて考えはじめれば、

引き寄せの法則の視点から見てみると、

求めている幸せが同じ人を引き寄せることになります。

 

なので、求めている「感覚」をイメージの中に組み込むことで、

恋愛に縁のなかった人でも似たような「感覚」を求める人と

自然と引き寄せ合うようになります。

 

片思いをしている彼と同じ気持ちになるようにすると、

気持ちが同調して引き寄せ合うことになります。

 

 

5、道のりを考える

 

理想のイメージを感覚とセットで感じることができれば

より強く引き寄せることができます。

ですが、想いはただ描くだけでは実現化は不可能です。

 

想いを実現するためには自らが掴みに行く必要があります。

 

そのための道のりを考えるのです。

引き寄せの法則はカーナビゲーションのように目的地を設定したにすぎません。

実際にハンドルを握ってアクセルを踏むのはあなたです。

つまり自らが動いていかなければいけないということです。

そのための重要な考え方があります。

 

それは、

 

人はできることしかできない

 

ということです。

なので、自分のできることを考えて行動することです。

片思いの彼に簡単なあいさつで話し掛けるとか、

話し掛ける勇気がないなら前段階として接触する機会を増やす。

このように自分から動くことが肝心です。

 

 

6、楽しむ

 

引き寄せの法則の性質上、同じものを引き寄せるので、

あなたが人生を楽しむことが大切です。

どんな些細なことでも構いません。

出来る限り自分が楽しめる方向へと向かって行くことです。

言い換えると、楽しむことができれば何でも良いのです。

 

 

7、自分を信じる

 

「どうせ叶わないから無理よ」

「本当に引き寄せられるんだろうか」

 

このように疑う気持ちがあるとその疑う性質を引き寄せてしまいます。

つまり人を疑う人を引き寄せてしまうということです。

あるいは疑念を抱えるような出来事が起こってしまうかです。

 

ですが、出来事は常にフラットでどちらを信じるかは自分の選択に委ねられます。

 

あなたならどちらを選択しますか?

 

もし、信じることが難しいようでしたら、

意識的に言葉や態度に行動として移していくことで、

本心から信じることができるようになります。

言葉と行動を意識的にコントロールすれば気持ちは後からついていくものです。

 

楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しい

 

この言葉の意味はそういうことです。

 

 

8、効果を感じ取る

 

「なんだ、効果なくてダメじゃん!」

 

そう思うのは早計と言えます。

なぜなら、自分では気づいてないだけだからです。

必ず何らかの変化や効果があるはずです。

そこは間違いありません。

 

だからこそ、「感覚」で感じられることが重要になるのです。

些細な効果でも感じられるようになると、

今度はその効果をどう理想に沿うよう広げていくか、

つまりより期待する効果を得るためにはどうすれば良いか、

そのように出来ることに意識できるようになります。

 

 

まとめ

 

恋のことなら、どんなにロマンチックでもいいんです。

バーナード・ショー

 

引き寄せの法則は僕たちが生きている以上、

常に隣り合わせにあるようです。

この世に生を受けて今日まで、

この法則から外れて生きることはありません。

なので、好きなだけ思い切ってあなたの自由に理想を思い描いて良いのです。

 

目に見えない心の領域だけに難しく感じかもしれませんし、

信じることができないと思うかもしれません。

ですが、もの事は一回で簡単にできることの方が珍しいのです。

あなたの本気が試されます。

恋愛が成就できることを祈っています。