あなたはギャンブルの本質が何か分かりますか?

「ギャンブルで儲けられるかもしれまない」

「パチスロがいるくらいだから、それで食っていけるんだろう」

ギャンブルは基本的に商売です。

商売である以上、お店に利益が出ないといけません。

あの有名なラスベガスはギャンブルの興行収入によって栄えました。

そして超巨大ホテルが立ち並んだりと、

世界で有名な名所になりました。

そんなラスベガスももともとは砂漠の中の小さな街でした。

それがギャンブルによってあのような大規模に発展していったのです。

それは、ギャンブルは「賭け事」ではなく、

あくまで商売だからです。

 

~ギャンブルの知られざる本質と商売の心理とは?~

 

ギャンブルの知られざる本質と商売の心理とは?

 

物を買うときの本質

あなたは欲しい物をかうとき欲しかった物を手に入れると思います。

それは、半分正解で半分間違いと言えるかもしれません。

実は、人は欲しい物を買ったときに、

ある感情を満たすために買います。

あなたが欲しいけどなかなか手に入らない物はなんですか?

もし、それを手に入れたときにどのような気持ちになれますか?

もちろん嬉しいですね。

人は、物が欲しいのではなく、

この「嬉しい」という気持ちが欲しくて物を手に入れます。

この「嬉しい」がどのくらい強いかで、

興味の度合いも分かるようです。

逆に興味のない物を購入しても、

嬉しさなんて感じないのではないでしょうか?

 

ギャンブルの本質

上記のお話しを交えて、

ギャンブルは商売と言いました。

では、ギャンブルは何を売っているのでしょうか。

商売なので、必ず売るものがありますね?

「ギャンブルで売るとはどういうことだ?」

と不思議に感じるかもしれません。

ギャンブルは、ハラハラドキドキする時間を売っているのです。

お客はそのハラハラドキドキする時間にお金を払っています。

そしてそれを知らない方が意外と多いようです。

ハラハラドキドキする時間を提供してお金を貰っています。

たまに大勝する人は宣伝媒体です。

本人が大勝をしたのでよりリアルです。

なのでここのところを分かった上でギャンブルを楽しむことが大切です。

結局はほとんどの人がトータルするとマイナスになっているのではないでしょうか。

僕は昔パチンコで一回だけ2万円勝ったのですが、

その後は勝つことはできず、トータルで5万円負けてしまいました。

当たりがなかなか出ないので飽きてしまい、

少しかじった程度で終わってしまいました。

ギャンブルで儲けようと考えていたからかもしれません。

ギャンブルとはあくまで商売であり、

商売である以上お店に利益が出るようになっており、

ギャンブルという商売は、

ハラハラドキドキする時間を提供してお金を受け取る仕組みを作り、

お客はハラハラドキドキする時間にお金を払っていると言えます。

以上です。

健全なギャンブルの楽しみ方が良いようです。