彼女がいるのに毎日他の女とLINEをする彼氏・・・

あなたはそんな彼氏に悩んでいませんか?

 

彼女と一緒にいてもヒマさえあればスマホをいじり、

ゲームでもやってるのかなって覗こうとすると、

「見るなよ!」と言わんばかりに焦ってガード。

そんな行動されると怪しすぎますよね?

 

ふとした拍子に覗き見すると、

案の定LINEをやっている。

どうやら他の女と話してるっぽい。

 

なぜ彼女がいるのに毎日他の女とLINEをするのか?

 

もしかしたら、その相手は浮気相手かもしれない・・・。

もうこの時点でモヤモヤを通り越してキーッってなりますよね。

 

でも、ちょっと変だと思いませんか?

なぜ彼女にバレるリスクを犯してまで毎日LINEするのでしょう?

こういうときの相手と男性心理について、

4つの心理としてまとめてみました。

 

1、単なる仕事仲間の場合

 

まず考えられるのは、

浮気相手ではなくてただの仕事仲間の場合。

 

たとえ仕事仲間として、

ビジネスライクな付き合いだったとしても、

職場にチームワークは不可欠です。

 

その一環として、

男女問わず楽しく仲良く連絡を取り合う、

というのはよくある話です。

 

「ゴメン!資料明日までなのに忘れてた・・・これから出張なのに」

「OK、優しい俺が今夜中に仕上げてあげよう。できたところまで送っといて」

「助かるわぁ」

 

みたいなノリのLINEです。

あくまで仕事の連絡の延長なので最優先で返信しますが、

他の女性と仲良く話してるところを彼女に見られるのはなんとなく気まずい。

なので、見られることを嫌がるわけです。

 

忙しい職場や責任ある立場の人なら、

こういったやり取りが日常茶飯事、

ということもあるでしょう。

 

とはいえ、変に隠したりするからギクシャクするわけです。

こういう場合、男性がある程度でもやり取りをオープンにすれば、

何もトラブルにならないことがほとんどです。

 

 

2、相手のことが気になっている場合

 

こちらは、浮気かどうかで言えば黄色信号。

付き合うまではいかなくても、

相手の女性が気になっている場合です。

 

気になってしまっている以上、

相手のことをもっと知りたいし、

距離を縮めたいと考えてしまいます。

少しでもフレンドリーに話せたらと思っているので、

そのチャンスをうかがっているわけです。

 

当然、やり取りが頻繁になればなるほどチャンスが増える!

 

と考えますから、

場合によっては毎日のようにLINEすることもあり得ます。

このケースが黄色信号なのは、

ここからどう発展するか分からないからです。

 

この女性との出会いに運命を感じてしまい、

意気投合して付き合い始め、

彼女から乗り換えてしまうかもしれません。

 

会話自体は盛り上がったけれど、

付き合うのとはちょっと違うなと思いとどまり、

単なるお友達になるのかもしれません。

 

ぜんぜん長続きしないケースもあり得ます。

このケースでもう1つ知っておいてもらいたいのは、

この「どっちつかず」な状態で満足する男性もけっこういる、

ということです。

 

そもそも、男性としては複数の女性にちやほやされて悪い気はしません。

楽しくLINEできているだけでも満足できることは多いのです。

 

 

3、本気で相手に乗り換えたい場合

 

先ほどの黄色信号が赤信号に変わった状態ですね。

LINEしている相手の女性が好きになってしまい、

気に入られたくて毎日LINEしているケースです。

 

すでに心は決まっているので、

今の彼女との別れのタイミングを計っていることさえあります。

 

何なら、このLINEがばれてケンカにでもなればいいのに。

そこまで思っているかもしれません。

黄色信号との見分け方は難しいですが、

LINEでのやり取りだけにとどまらず、

「食事に行こうよ」とか「映画に行こうよ」とか、

普通のデートに誘ってくるようなら、本気かもしれません。

 

また、「君だから」というような、

LINEしている相手が複数ではなく一人に限定されている様子が見られたら、

これも本気の可能性があります。

 

もっとも複数の女性全員に対して、

このようなLINEを送っている可能性もありますが。

 

もし、このような男性からあなたにLINEが送られている場合、

困ってしまいますよね。

 

この男性のことが本気で好きならどうするか決めるのはあなたです。

相手も既婚者ではないのですから、

不倫で奥さんに訴訟を起こされるようなことにはなりにくいでしょう。

 

ただし、男性を奪うわけですから、それ相応の覚悟は必要です。

それに、彼女がいるにも関わらずあなたに本気で乗り換えるような男性が、

あなたを裏切らない保障もありません。

一般論としては、かかわらないほうがよさそうな相手ですね。

 

 

4、Hがしたい

 

これも、赤信号のパターンですね。

要するに、相手の女性と遊びたいのです。

どこでこんな相手と出会うのか不思議に思うかもしれませんが、

ネットにはLINEのIDを交換する掲示板がたくさんあり、

そういうところに書き込んでいる女性に声をかけたり、

自分が書き込んで女性の反応を待ったりします。

 

特に、こういった掲示板で知り合って間もない頃、

まだ実際に会ったりしていないときは、

LINEがきたらすぐ返すくらい反応しないと疎遠になってしまう気がして、

頻繁にLINEする男性が多いのです。

 

一度会うと、

LINEしても問題ないタイミングを見計らってLINEするようになるので、

傍目には頻度が落ちたように見えることがあります。

 

また、風俗嬢やキャバ嬢とLINEを交換していて、

出勤予定などを聞いたり、送られていることもあります。

相手がお気に入りの子ならその関係を壊したくないですし、

相手の風俗嬢は通って欲しいからたくさんLINEを送ってきます。

 

どちらも本気で乗り換えたいわけではないので、

できるだけ彼女にばれないようにします。

その様子が、かえって不自然で怪しいのかもしれませんね。

 

 

仕事仲間以外の場合は注意をする必要がある

本日のまとめ:

  1. 単なる仕事仲間の場合
  2. 相手のことが気になっている場合
  3. 本気で相手に乗り換えたい場合
  4. Hがしたい

 

大したことのない内容から浮気確定のパターンまで、

彼女がいるのに毎日他の女とLINEする男性についてまとめてみました。

結果的に、仕事仲間でない場合はアブナイかもしれない、

ということになりますね。

 

もし、あなたの身の回りの男性でこのようなケースが見られた場合、

自分の気持ちと立場を良く考えて行動しましょう。

黄色信号のパターンでなし崩し的にやり取りを続けていると、

引き返せないトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

 

もしあなたのパートナーにこのような様子が見られた場合、

まずはどのパターンか探ってみましょう。

そのあとどうするのかは、あなた次第です。