彼女がいるのにデートに誘う男

 

なぜ彼女がいるのにデートに誘ってくるのか、

男の心理って分かり難いものですよね。

例えば仕事終わりや休みの前に、

 

「時間ある?良いお店知ってるけど一緒にどう?」

「今度の休みに行きたい所があって一緒にどうかな?」

 

男性から誘われることってありますよね。

でもこの人、彼女いなかったっけ?

ていうことって意外とあることだと思います。

 

どう考えてもデートのお誘いだけど、

彼女がいるのにデートに誘うってどういうこと?

ホント男の心理って分からないものです。

 

一体何のつもりで誘ってきたのか。

本当は自分のことをどう思っているのか。

気になりますよね。

 

こういうときの男性が何を考えているのか、

男の視点から徹底解説していきたいと思います。

 

1、気分転換

彼女がいるのにデートに誘う男

 

仕事や生活のことではありません。

女性関係での気分転換です。

彼女との付き合いが長ければ長いほど、

デートや会話がマンネリ化していきます。

 

それと同時に、

相手の「嫌な部分」も目立つようになってきます。

 

別れてしまうほど致命的な内容ではないけれど、

小さなことが積み重なると、

負の感情がモヤモヤと大きく膨らんでしまいます。

 

このあたりは、女性でも経験があるんじゃないでしょうか。

付き合い始めたときのキラキラした感情が影を潜め、

 

「またこの人かぁ」

 

というあまりいい気持ちではない感情が見え隠れするのです。

そういうとき男性はふと違う女性だったら、

と考えるものです。

たとえ彼女と同じような内容のデートでも、

 

  • 違って感じるかもしれない。
  • 会話だって弾むかもしれない。
  • 新鮮な楽しい気持ちでデートできるかもしれない。

 

そこまで具体的に考えて、

デートに誘うことはあまりないと思いますが、

心のどこかにこのような気持ちを抱えて、

彼女でない女性をデートに誘う男性は多くいます。

 

こういうときの男性は単純なもので、

その日そのデートから「先」のことなど考えていません。

せいぜい、また行けたらいいなぁ、

と思うくらいです。

 

遊び友達の延長、

といっても良いかもしれません。

本当に異性の遊び友達なら、

それはそれでいいのかもしれませんが、

それ以外の感情があると面倒なことになりますね。

 

 

2、自信を持ちたい!

彼女がいるのにデートに誘う男

 

パターン①と似ていますが、

もう少し目的がハッキリしています。

やはりこの場合も彼女との関係が、

マンネリ化しているときに起こりやすくなります。

 

前はもっと、

自分がデートに誘えば喜んでくれたはず。

 

自分にだって、

まだまだデートで女性を喜ばせる腕はあるはず!

 

そういう自分を確かめたくて、

彼女でない女性をデートに誘うのです。

こういうとき、誘っている男性としては、

相手に自分を肯定してほしいもの。

 

それも年上の女性から、

慰められたり褒められたりしたいのではなく、

年下や部下の女性から尊敬に近いまなざしを

向けてもらいたいと思っているのです。

 

そのため、このパターンで誘われる女性は、

年下の女性や部下の女性が多い傾向にあります。

 

褒められたくてやっているので、

デートの内容も、少し高いお店を予約しておいてくれたり、

とっておきの場所へ案内してくれたり、

ちょっと奮発した内容だったりします。

 

また、ここでの褒められた快感が忘れられなくて、

定期的に誘われるようになる傾向があります。

 

平たく言えば、

おごってもらえるのですから悪い気はしないかもしれませんが、

その男性の後ろには彼女がいることをお忘れなく。

ほどほどにしておきましょう。

 

このいずれの場合も、

今お付き合いしている彼女と別れるつもりはないし、

別れたいとも思っていない場合がほとんどです。

 

誘っている男性も「デートみたいだな」とまでは思っても、

「自分が本気でデートに誘った」とは思っていません。

違う女性と楽しく過ごせる自分がいることを、

確かめたいだけなのです。

 

 

3、彼女から乗り換えたい

彼女がいるのにデートに誘う男

 

いわゆる浮気です。

何らかの理由で今の彼女と別れようと思っていて、

本気であなたと付き合いたいと思っているケースです。

 

男性としては、

あなたと付き合いたいと思って誘っているわけですから、

当然本気ですので必死と言ってもいいでしょう。

 

最初からこうでなくても、

項目1や項目2からの流れでこうなることもあり得ます。

ただ、彼女との関係が崩れていないと、

このパターンにはなりません。

 

したがって日常会話の中で、

彼女との関係がひどく悪化している・・・

という話が出てくるようなら要注意です。

場合によっては彼女と別れる口実を作るために、

 

「俺、この人と付き合うから」

 

と引き合いに出されてしまう事もあります。

そもそも、あなたがその男性を好きなのかどうかも、

よく考えるべきです。

 

「まずいな」「違うな」と思ったら、

その時点できっぱりお断りしましょう。

男性はきっぱり言われないとわからない生き物です。

 

 

4、彼女と平行して付き合いたい

彼女がいるのにデートに誘う男

 

こちらも、浮気です。

彼女と別れるつもりはない。

でも違う女性と付き合いたい。

 

そういうときに、

自制の効かない男性がとる選択肢です。

 

この場合の男性は、

自分の中で必死に言い訳や安心材料を探しています。

 

乗り換えようとしてるわけじゃないんだから、浮気じゃない。

これで新しいデートプランでも思いつけば、

彼女も喜んでくれるはず。

 

たまにならいいじゃないか、たまになら。

ばれなければ誰も傷つかない。

という具合です。

 

しかも、このパターンの男性は開き直っているので、

彼女との関係は特に悪化していない場合もあります。

 

デートだけでもアウトなのに、

あわよくばセフレにしようとさえしてくることもあります。

 

もちろん、どんな言い訳をしても浮気は浮気ですし、

彼女にばれればトラブルになります。

 

誘った男性だけでなく、

あなたがトラブルに巻き込まれることもありますし、

もし彼女と婚約までしていたらさらに厄介なことになります。

 

それでもいいからこの男性と一緒にいたい!

とまで思うのなら何も言えることはありませんが、

何らいい結果には結びつかないでしょう。

 

 

彼女がいるのにデートに誘う男には線引きが大事

本日のまとめ:

  1. 気分転換
  2. 自信を持ちたい!
  3. 彼女から乗り換えたい
  4. 彼女と平行して付き合いたい

 

実際には、

こんなにきれいにパターン化できるわけではなく、

いくつか組み合わさっていたり、違うパターンへ移行したり、

いろいろな状況が考えられます。

 

単なる遊び相手なら「異性の友達」で整理もつきますが、

デートとなると話は別です。

 

どんな場合も、

彼女さんにばれればトラブルは避けられません。

彼女持ちの男性だと分かっているのなら、

あなたの中での線引きを明確に持つことが大切です。