スポンサーリンク

 

なかなかお金が貯まらなくてお困りではありませんか?

節約をしようと思っても、現実は思った通りにいかず、

毎月の貯金も思った通りに貯めることができない。

生きている限り、お金の悩みはとても切実なものがありますね。

お金がない人にとって、お金が貯められないことは大きな悩みの1つだと思います。

ではお金とどう付き合っていくと良いのでしょうか。

お金の貯まらない理由とは?

 

お金が貯まらない理由、お金がない人の特徴

 

お金についての正しい知識

9年間通ってきた学校や、大学、専門などその他教育機関も含め、

お金についての知識を学べるところはありません。

また、小学校では、

「計画をしっかり立てなさい」

とは言われるものの、どう計画を立てて良いのかの具体的な方法は教えてくれません。

それ故に、社会人になって欲望が先走って借金を背負うなど、

苦労をする人が多いのではないでしょうか。

なぜなら、今の学校教育は従業員を輩出するためのものだからです。

従業員を輩出するのに、お金と人生設計についての知識は不要だからでしょう。

僕も車のローンや自己投資で大きな借金を背負ったり、

節約をしようとしても長続きせず、貯金も思ったようにできませんでした。

お金の知識・考え方については、お金がないと精神的に不安になる人の最初にやるべきこと

で参考にして頂けたらと思います。

節約の仕方

お金を節約することは、とても大切なことかもしれません。

しかし、節約と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?

我慢?

努力?

忍耐?

何か気持ちを抑えて耐えなければいけないような印象があるかもしれません。

例えば、

お酒やたばこなど、やめたいけどやめられないものに限って、

普段から日常で行っている行動を抑制することは、

数日、あるいは何とか数か月はできるかもしれません。

ですが気が付いたらいつもの自分に戻っていた…

なんてことはないでしょうか?

節約をしたいのであれば、節約に対して抱いている感情・考え方を変えるところからはじめる必要がありそうです。

参考としては、人生が変わるたった1つの習慣など

お金の正体

お金の貯まらない理由は、上手にお金を貯める方法/考え方と真実のとおり、

水や情報などと同じでエネルギーだからでしょうか。

エネルギーの性質上、一か所に留まり続けることはないようです。

なので、どのように流すか…つまり、どのように遣うかが大切と言えそうです。

お金の知識がないせいで、欲しいものばかりに目がいってしまい、

結果として借金を背負ってしまうことがあります。

そして、計画の立て方が身体に染み付いていないばかりに目先のことばり考えてしまい、

すぐに結果が出なければ簡単に投げ出してしまうこともあります。

なので、

「今すぐ欲しい!」

「今すぐ稼ぎたい!」

「今すぐ結果を出したい!」

と言う考えを諦め、1つのことに決めて1年後、2年後を。

できれば10年先の自分を見据えた上でゆっくりと歩んでいくことが大切かもしれません。

お金が貯まらない理由、お金がない人の特徴2

もし、10年先の自分にワクワクできる姿を想像してみたら、どんな光景が広がっていますか?

例えば、柔らかく暖かい風が心地のいい夕暮れのビーチで、

好きな人や友人と穏やかでゆっくりと過ごす時間を送れたら楽しいですね!

スポンサーリンク