なぜお金はいつも足りなくなってしまうのでしょうか?

今の給料だけではとても生活は苦しいことはありませんか?

仮にボーナスや副収入でまとまって入ってきたとしても、

それは一時だけのことでまたいつも足りない状況になってしまう。

お金というテーマは悩みが付きものかもしれません。

一体お金とどう付き合っていけば良いのでしょうか。

お金は貯めることより、

使い方が大事だとよく言われます。

そしてお金の使い方には、

1、浪費

2、消費

3、投資

以上の3つがあります。

理想なのは浪費を無くし、消費を抑えて、投資でしっかり使う。

この使い方が正しいようです。

では、一体何のためにこのような使い方が良いと言われているのでしょうか。

実はお金は暮らしが豊かになるために使うものではないのかもしれません。

 

~究極のお金の使い方~

 

究極のお金の使い方

 

心が豊かになる方法

少しお金とは離れますが、

あなたが精神的に辛い苦しい状況とはどんな状況ですか?

きっと心が縛られたような、

身動きが取れない、

息苦しい、

視野が狭まったような、

そのような状況が精神的に辛く苦しく感じませんか?

それは、出来事や他人を通して、

心のどこかで執着している部分にふれたことが原因なのかもしれません。

言い換えると、

何かに囚われていて他のことが見えなくなっているので、

心が辛く苦しくなっているのかもしれません。

たとえば、

挨拶するのが当たり前と思っていると、

挨拶しない人を見ると腹立たしく感じたりするのかもしれません。

「挨拶するのは当たり前じゃないか!」

ときっと思うかもしれませんが、

このとき、

「当たり前じゃないか!」

が執着していることになります。

実は自分が他人と話し込んでいて見えていなかっただけで挨拶していたのかもしれません。

このように人はたくさんの執着で生きているのかもしれません。

言い換えると、

思い込みと言えます。

心の豊かさを求めることは、

どうしても辛くて苦しいと感じる心の中の何かを手放すことにあるようです。

 

究極のお金の使い方

お金を使うことで目指すのは、

手放すことにあるのかもしれません。

実際は、

「夢を叶えるため」

「生活を豊かにするため」

「幸せになるため」

そのためにお金を使う。

このように思う人が多いかもしれません。

心の中の囚われているもの執着しているものを手放すために、

お金を使うことで豊かさを手に入れられるのだと思います。

その上で、広い家に住みたい、大きい車に乗りたいと思うのであれば、

それはそれで良いのかもしれません。

なので何かを学ぶにしても、

投資のためにお金を使うにしても、

まず心の中の執着を手放すことを考える。

ここが大事だと思います。

おそらく心の執着を手放す作業は辛さや苦しさが付きまといます。

しかしそこから目を背けても現状を打破することはできないようです。

そしてそこに成長があるのだと思います。