どうしても上司と関わらないといけない・・・

仕事のことで聞きたいことがあっても気が重い・・・

訳もわからず毎日怒られることに理不尽に感じてませんか?

その時の上司の表情や態度を思い出すだけで嫌になりますね。

 

僕も製造業の会社員の頃は班長からパワハラを受けていて、

1日に何回も顔を合わせなければいけない仕事だったので、

その度に神経に触る言葉や態度で接してきてました。

理不尽に毎日怒られるというのは本当に嫌気が差します。

 

あなたも職場の厄介な上司との関わりをそのままにすると、

その先はうつ病などの何らかの問題に直面することになります。

なぜなら、こうした状況は悪くなっても良くはならないからです。

そんな時にはどうすれば良いかの対処法をお伝えします。

 

上司に毎日怒られるまでの心理的なプロセス

 

あなたは今どんな気持ちで会社を過ごしていますか?

自信もなくなって沈んだ気持ちで日々を過ごしていないでしょうか。

またはもうダメだとあきらめて過ごしているのかもしれません。

 

だけど最初から今ほど酷くはなかったのではないでしょうか。

というのも人間の感情とは常に変化し続けているからです。

 

たとえばあなたの過去に好きだった人を思い浮かべて下さい。

その人と最初に出会った頃と数週間、数ヶ月経った時と、

あなたの好きな人への感情は同じだったでしょうか。

 

きっとそんなことはないはずです。

会えば会うほど気になって気持ちも変わってこなかったでしょうか。

僕達は自分や他人の性格や感情は常に一定だと思いがちですが、

 

実は常に変化していてそれに気付かないだけなのです。

 

記憶にしたって日にちが経つにつれて曖昧になります。

そして感情的に強く印象に残ったものだけになっていき、

それ以外の内容に関しては記憶から遠ざかっていきます。

 

仕事上での関係も運悪く毎日怒られるような状況になれば、

それがエスカレートしていくのは極自然なことだったりします。

そして仕事上の人間関係は価値観の違う者同士の集まりなので、

それぞれが警戒して自分を守ることを優先して考えてしまいます。

なので冒頭でもお伝えしたように、

 

悪くなっても良くはならないのです。

 

そこから人間関係が回復することが全くないとは言いませんが、

それは非常に稀なケースであることを知っておく必要があります。

なので今の職場で働き続けることは考えない方が良いかもしれません。

それよりは今の職場から離れるという考え方が対処法になります。

その方がうつ病などの問題を未然に防ぐ手段となります。

 

仕事で毎日怒られてると辛いから転職したい

 

僕も班長からの執拗なパワハラに毎日苦しんでました。

なので今すぐ会社を辞めたいと思って転職サイトを見て、

目ぼしい求人を見つけては面接に行ったりしてました。

 

けど、面接を受けて転職先の会社が採用する方向になり、

いよいよ転職がリアルになってくると急に怖くなってしまい、

その度に何らかの理由を言っては採用を断っていました。

 

その理由は動機がネガティブだったからです。

 

なぜなら僕は班長から特に酷い扱いを受けた日に、

自宅に帰って怒りの感情で転職サイトで面接希望を出してました。

感情とはヤジロベエのように常にバランスを保とうとします。

怒りに片寄れば必ず反対の方向へと戻るようになるのです。

僕は完全に自分の感情に振り回されてました。

 

あなたももしかすると同じような経験をしているかもしれません。

そうでなくてもこのことを知っていれば振り回されずに済みます。

僕達が自分の感情に振り回されるのは知らないからです。

まずは知識として知るというところが大切になってきます。

 

自分の身は自分で守る知識が大切

 

だけど仕事を辞めて転職するなんてリスクがあります。

もし、転職先が決まらず生活ができなくなっってしまったら?

もし、転職先で同じように人間関係で悩むことになってしまったら?

もし、転職先の業務内容についていけなくて辞めることになったら?

 

そんなことを考えるとすごく不安な気持ちになりませんか?

僕は転職ができなかった理由のひとつがこれなのです。

先の不安が勝手に頭の中から出てきて行動できなくなるのです。

意思が弱かったので結局元の鞘に戻るのことの繰り返しでした。

 

けど、このようなパターンを繰り返しても意味がないと知り、

もっと別の方法で今の職場から抜け出す方法はないかと考えました。

それが今回の記事で最もお伝えしたいことで、

 

副業をはじめるという対処法です。

 

お金の問題さえ何とかなれば転職だって怖くありません。

実際に僕は副業で収入を得られて部署から抜け出すことができました。

あのまま上司から毎日怒られる日々を続けていたらと思うと・・・

今、想像しただけでもヤバいなと思いました。

 

このように自分の身は自分で守るという意識が大切です。

副業と言うとアルバイトなんてしても意味がありません。

アルバイトも結局辞めてしまえば収入が途絶えるからです。

 

人の集まる場所には稼ぎやすい場所になる

 

今はインターネット市場が非常に大きくなっています。

それはスマホの普及で2010年代は特に顕著になってます。

誰もが手元にインターネットに繋がる状況にあります。

インターネットで稼ぐ方法と言えば、

 

  • アフィリエイト
  • YouTube動画
  • せどり

 

上記の3つが最も初心者に取り組みやすいです。

僕はアフィリエイトを副業に選びました。

 

インターネット上に自動で稼ぐ資産を築くことで、

会社で働いてる時も食事中も入浴中も睡眠中も、

全く関係なく自動で稼いで心に安心感を得られます。

このような選択肢もあるのでぜひ考えてみてはいかがでしょうか。