あなたはお金の最も賢い遣い方を知りたくありませんか?

お金の賢い遣い方…

それは、ずばり「投資」です。

お金の遣い方には、以下の3つがあります。

1、消費

2、浪費

3、投資

この3つのお金の遣い方で、最もポピュラーなのが、「消費」ではないでしょうか。

お金を払ったら、それに見合う商品を手に入れることです。

たとえば、

スーパーで100円で売っている野菜が欲しいので、100円を払って手に入れる。

これが一般的な「消費」だと思います。

プラス・マイナスゼロなので、損でもなければ得でもありません。

 

お金の賢い遣い方で豊かな心を育てる方法

 

浪費は貧困への道

僕たちが気を付けなければいけないのは、

「浪費」というお金の遣い方です。

たとえば、

愚痴を言うためだけの飲み会や、友人との語り、集まりなどがそれにあたります。

一見憂さ晴らしができて楽しい時間を過ごせるので、

感情的に良いものとして捉えてしまいがちですが、

この質問をするといかがでしょうか。

あなたは愚痴や単なるお話しだけの飲み会や集まりに、

自分の未来の希望に繋がる成長はあるでしょうか?

もし過去を思い出して思い当たるふしがあれば、

その行動は「浪費」であり、今すぐやめることが大切かもしれません。

これは遣ったお金より低い価値を手に入れる行動となります。

こうしたお金の遣い方はどんどん貧乏になり、

一向に生活も心も豊かになっていきません。

長期目線で投資を行う

お金の賢い遣い方として、生活も心も豊かに育てていけるのが、

この「投資」というお金の遣い方ではないでしょうか。

投資と言うと株、FX、不動産を連想してしまうかもしれませんが、

その前に考えておくべき大事なことがあります。

それは「自己投資」というお金の遣い方を心掛けることです。

この自己投資をすることで、

目的に向かうために必要な考え方や日常生活の習慣を変えていきます。

たとえば、

1000円で購入した本を読んですぐ行動に移し、

3ヶ月後に月5000円、10000円の収益を生む仕組みをつくることができれば、

それは立派な投資というお金の遣い方になります。

つまり、投資とは払ったお金以上の価値を得るための行動です。

そして、投資とはあなたが成長することで、はじめて価値を得ることを知っておく必要があります。

たとえば、

1000円で購入した本を読んで実際に行動に移して、

上手くいかないことを経験しながら修正を繰り返していくことで、

そこで小さな結果を手にすることができます。

最初は小さな結果ですが、少しずつ成長することで、

やがて大きな結果へと結びつくことでしょう。

では、あなたはまず何からはじめますか?

そして、最後までやり通す覚悟はもてそうですか?