クレジットカード 持たないほうがいい デメリット

 

今は誰もがクレジットカードを持ってます。

けどクレジットカードがあるというのは、

ついついお金を使い過ぎてしまうという、

恐ろしい危険と隣り合わせだったりするんです。

 

僕は今でこそ独立起業して、

クレジットカードが必要な状況ではありますが、

サラリーマン時代は持たない方が良いと思って、

全てを解約してしまった時期がありました。

 

今回は、クレジットカードを持ってしまうことで、

どのようなデメリットがあるのかを紹介します。

きっと持たない方がいいと本気で思えるようになり、

お金との健全な付き合い方ができるでしょう。

 

 

1、目に見える現金と違って使い過ぎてしまう

 

買い物をする場合は、

現金での支払いならお財布に入っているので、

その場の持ち合わせ以上に使うことはありません。

 

なのでお金の使いすぎを防ぐことにもなりますが、

クレジットカードの場合は月末などの後払いになるため、

今、お金に余裕がない状態であっても、

欲しいものを購入できてしまう点は、

 

実は大きなデメリットと言えるでしょう。

 

特にネット通販などを利用する際に、

通販サイトでの支払いをクレジットカードを登録しておけば、

簡単なクリック操作をするだけで非常に手軽に買えます。

 

こうして通販利用時に買い物する際に便利ですが、

通販では品ぞろえも豊富で魅力ある商品が多く、

つい金銭的に苦しい状態であってもカード払いにすることで、

購入できてしまうのは大きなデメリットなのです。

 

金銭感覚などがしっかりとしている、

家計簿などつけておききちんと管理できている場合は、

使いすぎをなんとか防ぐことも可能ですが、

金銭感覚がゆるい方や几帳面に家計簿などで、

収入や支出を管理できない方は要注意です。

 

 

2、分割払いやリボ払いで高い物を平気で買ってしまう

 

クレジットカードでは、

便利な分割払いやリボ払いがあります。

これを利用すれば月々の支払いが軽く済ませます。

そうなるとある程度の高い物でも欲しければ、

クレジットカードを利用して購入できてしまいます。

 

しかし、

あまり調子に乗って分割払いやリボ払いを利用すると、

支払いが困難な状況に陥りやすい点には注意が必要です。

 

分割払い、リボ払いを利用するという場合は、

購入した商品のトータルの代金がいくらなのか、

月々の返済がいくらで、返済がいつ終わるのか、

こうした後に残る現実はきちんと把握して、

無理なく返済ができる状況はキープしておくことです。

 

便利だからと利用して負債が増え続けるような状態や、

収入よりも支出が上回り家計が赤字とか、

支払いに追われて生活が困難になるような状況は、

作り出さないように心がけることが大切です。

 

高額な商品を購入したい場合は、

それが本当に必要なものかどうか、

購入してもその先の生活などが厳しくならないかなど、

自分の今現在の生活状況を今一度再確認をして、

先々の生活なども考慮してから購入を検討しましょう。

 

 

3、年会費が掛かることもある

 

クレジットカードでは、

年会費がかかるカードもあります。

 

年会費無料のカードも存在しますが、

年会費がかかるケースでは、

必ずしもデメリットとはいえません。

 

いろいろな付帯サービスなどがあるため、

サービスを利用できるような生活をする人にとって、

メリットとなるケースもあるのも事実です。

 

ですが年月が経つことで、

常に同じような生活状況を維持できるとは限りません。

人によっては生活状況が大きく変化する場合もあります。

 

付帯サービスを利用できている方でも、

生活状況が一変すれば必要なくなる可能性もでてくるため、

サービスを受けることができない状況でも、

年会費を払い続けている場合にはデメリットといえるでしょう。

 

一度、自分の利用しているクレジットカードは、

年会費がかかっているのか、

付帯サービスなどをしっかり利用しているのかなど、

再チェックしてみるといいでしょう。

 

利用していない場合には、

解約など検討してみるというのも一つの方法です。

 

 

4、買い物にはストレス発散の心理的な罠がある

 

ストレス解消として、

買い物をするという方もいるでしょう。

 

仕事や私生活に疲れた心を癒すために、

ネット通販を利用してみたり、

外出して自分が欲しい物を購入してみることで、

ストレスを軽減するというのも大切です。

 

ですがストレスが溜まりすぎていると、

正常な判断力が失われる傾向もあります。

 

そのため、

いつもなら買わないものであっても購入するとか、

かなりの高額な商品なのに購入してしまうとか、

後から後悔する結果になることもあります。

 

特に現金払いでなく、

クレジットカードではこうした失敗をする人が多いです。

なぜなら実際の現金で支払っていないためだからです。

 

無理な買い物に対しての警戒感が緩くなり、

ついつい買いすぎてしまうということもあれば、

買いものには楽しい気分を味わえることもあります。

 

けど後々のクレジットカード会社からの請求がきた段階で、

後悔するパターンに陥ってしまうケースもあるので要注意です。

買いものに関してもできるだけ気持ちを落ち着かせて、

本当に必要か冷静に判断していくことも大切なため、

できるだけストレスを溜めないような生活状況に改善しましょう。

 

 

5、紛失した時に不正利用の心配がある

 

クレジットカードをお財布などに入れて、

普段から持ち歩いている人がほとんどだと思います。

時にはかばんの中に入れて車に置きっぱなしにする・・・

というケースもありますがカードを紛失してしまう、

車上荒らしなどで盗難されてしまうケースも存在します。

 

紛失後に善良な方に拾われれば、

警察などに届けてもらえるかもしれませんが、

中には不正利用をたくらむ方もでてきます。

 

なので紛失や盗難などがあった場合、

すみやかにクレジット会社に連絡を入れるようにしましょう。

 

カード補償というものがありますが、

善良なる管理者の注意義務を守ることが重要です。

 

不正利用などの可能性があるケースでは、

クレジット会社に届け出ることも必要になるため、

紛失時や盗難などのケースの場合には、

きちんとした対処をすることが重要だといえるでしょう。

 

紛失や盗難にできるだけ早く気付くためにも、

いつもカードを入れておく場所や持ち歩いている際も、

カード使用後など落としていないか、

確認をこまめにしてみることも大切です。

 

 

便利さの裏には消費者への危険もある

本日のまとめ:

  1. 目に見える現金と違って使い過ぎてしまう
  2. 分割払いやリボ払いで高い物を平気で買ってしまう
  3. 年会費が掛かることもある
  4. 買い物にはストレス発散の心理的な罠がある
  5. 紛失した時に不正利用の心配がある

 

いかがでしたでしょうか。

特に最近のネット通販は非常に便利になり、

購入の度にカード番号の入力の必要がなくなりました。

これはストレスなく購入できるメリットではありますが、

 

同時に財布から簡単にお金が逃げてしまうのです。

 

こうしたケースはあちこちで見受けられます。

これは企業がいかに消費者からお金を出させるか、

日夜研究に研究を重ねていきているわけです。

 

僕達は油断をするとそんな消費者心理にやられ、

つい必要ではないのに購入することがあります。

こうした便利な時代になったきたからこそ、

お金に対して向き合うことが大切なのです。