あなたは食費節約したいと思っていませんか?

一人暮らしの食費節約のコツとは何なのでしょうか。

一人暮らしは自由であるメリットもありますが、

お金の管理がシビアに問われるところがあります。

なぜならば、

即生活に支障が出てしまうからです。

そのためにはうまく節約するコツを見つける必要があります。

そこで一番頭に浮かんでくるのが食費に関してではないでしょうか。

ここで簡単な方法をご紹介しますので、

ぜに参考にしてみてください。

 

食費節約のコツ!一人暮らしの秘訣

 

 

1、食材をまとめ買いする。

一番の節約法はお金を使う場所に行かないことです。

なのでお金を使わなくて良いように、

一週間分の食材をまとめて買うようにします。

そうすれば余計な物を買う確率はほとんどなくなるでしょう。

僕は過去に一週間を2500円で抑えて月1万円で生活できました。

 

 

2、冷凍保存

ご飯を炊いたら炊き立ての段階から冷凍保存します。

1食分ずつラップに包んで保存袋に入れて冷凍すれば良いでしょう。

その他には、

食パンや惣菜パンもラップで包んで保存袋で冷凍します。

肉類も1食分ずつラップに包み保存袋に入れて冷凍します。

魚も麺類もキノコ類も余ったおかずも何でも同じように冷凍します。

 

 

3、意外な家計簿の付け方

家計簿と聞くと抵抗感を持つ人がいるかもしれません。

ではなぜ続かない思いますか?

家計簿と言えば使うお金の全てを管理すると思っている方が多いと思います。

しかしここも考え方を変えるとそんなに難しいことではないかもしれません。

それは、

食費のみを付けるという方法です。

あなたは食費を節約したいと思ってますね?

ならば食費のみに絞って家計簿を付ければ良いと思います。

 

 

4、ときには外食も節約になる!?

外食はお金が掛かるというのが一般的な見方だと思います。

ですが必ずしも自炊が得をするとは言い切れないかもしれません。

たとえば、

ハンバーガーを思い浮かべてみてください。

家でハンバーグを作るとしたらひき肉やその他のおかずなどを加えると、

100円はかるく超えると思います。

ですがマクドナルドでは100円くらいで購入することができてしまいます。

このような視点で見てみると、

意外と外食というのも考え方によっては有効なのかもしれません。

 

 

5、安く抑えて節約できる秘訣は?

確実に安く抑えてうまく節約する方法は、

レトルト食品や冷凍食品などを利用します

味噌汁などもお湯を注ぐだけの簡単なものがありますね?

味噌汁以外でもスープであったりいろいろあります。

レトルト食品はスーパーで安売りすることはありませんが、

100円物など元々値段の低い物がたくさんあります。

カレーでもいろんな種類がありますし、

その他に牛丼や親子丼や中華丼の4色パックなどがあります。

安くて400~500円くらいで購入できるのではないでしょうか。

そしてご飯だけを炊けばよいので簡単節約法としてかなりおすすめです。

 

 

6、必要のない物は買わない

ついつい他には何があるだろうと思ってしまいがちかもしれません。

そこは意識的に買う物を買ったらさっさと店を出る。

必要なものだけを求めて行動する意識を持つ。

このような意識付けをしなければいけません。

なぜならば、

スーパーには購買意欲を掻き立てる心理戦略が組まれているからです。

なので意識的な行動を心掛ける必要があります。

 

 

食費節約のコツ!一人暮らしの6つの秘訣まとめ

いかがでしたでしょうか。

一人暮らしでは自由があります。

自由であるので同時に責任も必要になります。

自分のことは責任もってしっかり管理できるようになる必要があります。

そうしなければ、

給料日前になると財布の中が少なくなってしまい、

泣く泣く貯金を崩すことにもなりかねないからです。

給料日前に思っていたより財布の中にお金が残っていた。

という風になると心にゆとりを持つことができませんか?

ぜひ食費をうまく節約してゆとりある生活ができるようにしましょう。