お金と聞いて何を感じますか?

お金の稼ぐ方法は、知っていると思います。

では、お金とは何か?

については多くの人は、あまり考えたことはないのではないでしょうか。

そもそもお金とは何なのか?

と言う根本的なところを考えることによって、

お金の見方が変わり、収入にも変化があるかもしれません。

 

上手にお金を貯める方法/考え方と真実2

 

お金の正体

お金は、エネルギーの1つと言われています。

絶えず流れ続ける、絶えず動き続けるものだと思います。

そして、自分のところで留めておくことも難しいのではないでしょうか。

例えば、

食料は体内に取り込み、排泄物として外に出て、

昔から肥料として使われています。

そしてまた、作物が育ち食料となります。

例えば、

水は川となって流れ、海に出ます。

海から水蒸気となって雲になります。

そして、雨となって地上に降りて川となります。

そうするとお金も同じで、

給料として受け取ったら、生活のために遣います。

店舗に入ったお金は、税金として国に納め、

国は国民のために様々な政策をとり、国民の生活のためにお金を流します。

このように、お金も絶えず動き続けているので、エネルギーと言えます。

そして、どんなに貯金をしてもエネルギーである以上必ず、

どこかで流れてしまうものなのかもしれません。

例えば、

1000万円貯めていて、仮にあなたが亡くなってしまった場合、

遺産として、身内に流れるかもしれませんし、

あなたが遺書に、アジアの恵まれない子供のために学校を建てて欲しいと書いていれば、

発展途上のアジア諸国にお金が流れていくのかもしれません。

エネルギーと自分の器

また、エネルギーは自分の器と関係しているのかもしれません。

例えば、

宝くじで1等が当たり、1億円を手に入れた人の人生はいかがでしょうか。

きっと想像がつくのではないでしょうか?

良く聞く、人生がおかしくなってしまった人の話を聞きますね。

自分の制御できる器の範囲外のエネルギーは上手く使いこなせないのかもしれません。

また、すぐに自分の手元から離れていくのかもしれません。

なので、今の収入は今の自分の器に等しいと認めざるを得ないのかもしれません。

遣い方が重要

あなたが思わぬ副収入として30万手にしたら、何をしますか?

ここで想像したことによって、あなたの器を知ることができます。

車の改造費に使う。

パッと夜の店で使う。

少し貯金して、あとは自分のしたいことに遣う。

それがいけない訳ではありませんが、もっとお金を増やしたいと思うなら、

遣い方が重要と言われています。

良く言う「生き金」にすることです。

そのためには、「投資」という考え方を取り入れる必要があるかもしれません。

一番ノーリスクな投資は自分への投資です。

そして、多くの人は投資は株やFX、不動産などを思い浮かべるかもしれません。

これは個人的に思うので確かとはいえませんが、

これも多くの人の誤りだと思うのですが、

自分を成長させて豊かになりたいとき、

既にその道で成功している人にお金を払って知識や方法を教えてもらうと思います。

それよりは、

自分が目指しているジャンルのまだ成功していない、

これから成功するであろう人に、

自分のお金をその人のために投資することが重要ではないでしょうか。

 

上手にお金を貯める方法/考え方と真実

 

ではどんな人に投資をすれば良いのでしょう。

それは、自分がその人に対して心から感動する感覚が出てきたかどうかで判断することができます。

なぜならば、自分と同じ価値観を持っていて、

その人が、人に感動を与えることができる人物だからです。

人に感動を与えることのできる人は成功に近いのではないでしょうか。

お金の遣い方。

ぜひ、考え方を変えて、

お金 = 感動

のような素晴らしい見方ができると人生は楽しくなれるかもしません。