なに?まだ付き合ってないのに嫉妬してるの!?

あのときの彼は私にやきもち焼いてたのかな・・・?

仲の良い男友達と話してるだけで急に怒った雰囲気になったり、

男性の気持ちって何を考えるのか分からないものですね。

 

だけどこのまま分からないままにしてしまうと、

今後も同じようなことで悩まされてしまうかもしれません。

今回は、つきあってないのに嫉妬する男性の心理について、

胸の奥にある心理についてまとめましたのでご紹介します。

 

1、自分のことが好きだと勘違いしている

 

ちょっと女の子に優しくされただけで、

自分のことが好きなんだと勘違いする男性は多いです。

そこまでじゃなくても「かもしれない」と期待もあります。

このかもしれないという気持ちが時間と共に膨らんでいき、

段々と優しくしてくれた女の子のことが気になっていくんですね。

 

そうなると他の男友達と楽しそうに会話している姿を見るだけで、

何だか胸の奥がソワソワするような不安感に襲われてしまい、

その気持ちのやり場のなさから嫉妬する自分を隠そうとします。

 

このような男性は嫉妬してしまう自分が許せないのです。

完全に両想いだと勘違いしている場合は露骨に態度にでますが、

かもしれない程度なら態度に出ないように必死になります。

 

2、本当は自分のことだけを見てほしい

 

「彼女に自分のことだけを見てほしい・・・」

 

これは嫉妬深い男性にありがちな言葉です。

他の男性とちょっとでも会話をしていたり、

好きな男性のコンサートに行ったりするだけでも、

ショックを受けてそんな自分が器が小さいと思い込みます。

 

つまり、自分のことだけを見てほしいのは傷付きやすいからです。

これは付き合っていても付き合ってない状態でも変わりません。

 

そもそもこの原因は自分に対するルールが原因です。

好きになったら他の女性との接触はするべきじゃない!

という自分の中のルールがあるので対象の女性も許せないのです。

もし、付き合っても異性と遊ぶのはOKと思っている男性なら、

まずもって嫉妬するはずがないのは言うまでもありません。

 

3、自分に自信がなくて勇気がない

 

自分に自信がない男性は自分への評価が低いです。

そんなレベルの低い自分なんてどうせ嫌われる・・・

そんな風に思っているので嫉妬が出てきてしまうのです。

 

そもそも嫉妬とは敵わないと思ってる対象に向けられます。

たとえばお金持ちを紹介しているテレビ番組なんか観てると、

その楽しそうな生活に「羨ましいなぁ」って思ったりしませんか?

この羨ましいがやがてだんだんとネガティブになっていき、

嫉妬というカタチに変化して自分でもコントロールできないのです。

 

因みに羨ましいが良い方向へと向けば活力へとなります。

あの人みたいになろうと頑張ろうとする姿勢ですね。

どうせならこのようなポジティブな男性と付き合いたいですね。

 

4、他の男性に奪われないかと焦っている

 

あなたも好きな人に片思いしているとき、

他の異性に奪われることに不安になったりしませんでしたか?

この奪われる気持ちは付き合ってないときは辛いものです。

けど嫉妬して困らせようとする男性も中にはいたりもします。

 

これは付き合ってる付き合っていないに関係なく、

自分の興味のある女は自分のものにしておきたいのが男性の心理です。

他の男性に奪われることが不安で不安で仕方がないのです。

そんな焦りの気持ちがコントロールできなくなっているのです。

 

他に奪われないかと焦るということは、

少なくとも遊びではなく本気である可能性は高いです。

なぜなら、遊びのつもりならそんなに嫉妬はしないからです。

 

5、プライドが高くて素直になれない

 

男性というのは基本的にプライドの高い生き物です。

プライドが高いので自分の気持ちに素直になることができません。

それは素直な気持ちを出すことで傷付いてしまうんじゃないかと、

自分が傷付いてしまうことへの「怖れ」があるからなんです。

 

つまり、男性はとても傷付きやすい生き物なのです。

これは野生動物が威嚇する行動と全く同じ心理が働いています。

野生動物は敵が近づくと身を守るために威嚇して追い払おうとします。

男性も祖先を辿れば獲物を追い掛けていたので警戒心が強いのです。

 

だけど人間社会ではその傷付きやすい心が邪魔になります。

それがプライドという形で自分を守る鎧になってしまっているのです。

そしてプライドが邪魔して思い通りにすることができない気持ちから、

やがて付き合っていない女性にも嫉妬するようになるのです。

 

6、我儘で自分の思い通りにしたい

 

好きな女性を自分の思い通りにしたい・・・

これは我儘な性格の男性に多い傾向ではないでしょうか。

そんな男性と付き合うとその我儘な性格に振り回されてしまいます。

つまり、我儘な性格は女性に対して強い束縛をする傾向があるのです。

 

これはお前のことをこれほど愛してるんだという気持ちが強く、

同じように女性に対してもそうあるべきだと思い込んでいるからです。

いずれにしても我儘なタイプの男性は魅力的と掛け離れています。

 

スマートな男性とは女性の気持ちをどれだけ理解しているかです。

そして相手の気持ちを理解する姿勢こそその男の価値が決まります。

だって好きな男性に優しくしてくれたら嬉しいに決まっていますよね。

 

7、過去に傷付いた経験を持っている

 

嫉妬には過去の傷付いた経験が癒されていないとき、

目の前に似たシチュエーションが重なることで起こります。

嫉妬とは、自信のなさや不安な気持ちから出てくるものです。

こうした男性は嫉妬の深さが同じ分だけ浮気性だったりします。

 

セックスをただの快楽、性欲の解消として女性に接する男性は、

過去に傷付いた経験を癒せないので復讐しているのです。

誰に対してではなく過去の出来事に対して自分を許せないのです。

 

そんな男性は嫉妬に負けている状態になっているので、

自分の嫉妬心に立ち向かって自立に変換していくしかありません。

ですがこれは一生気付くことがないほど難しい問題でもあります。

まだ付き合ってないのなら避けた方が無難かもしれません。

 

8、負けず嫌い

 

自分が負けたと思うことが嫌いなタイプです。

なので嫉妬心をメラメラと燃やしてしまうのです。

 

「俺よりもアイツの方が魅力的なのかよ!」

「いや、絶対にあんなヤツより俺の方が勝ってる!」

 

このように負けず嫌いな男性はよく思っています。

厄介なのは同性だけでなく女性に対しても負けたくないんです。

だけど負けず嫌いな性格は負けたくないという気持ちなので、

その男性を認めてあげる行動で改善することができます。

 

9、自分に対して否定的

 

自分に対して否定的な男性というのは、

他人に対しても否定的に見る傾向があります。

ということは物事はマイナス方向へと受け止めやすいのです。

そうした男性は普段から否定的な言葉遣いをしていないでしょうか。

もし否定的な言葉遣いが多いのなら少し注意が必要かもしれません。

 

否定する気持ちは裏を返せば心が乾いている渇望した状態です。

自分を認めることで心の器は満たされるというシンプルな問題ですが、

まだ付き合っていないならこれも避けた方が無難かもしれません。

 

誰と仲良くするかはあなたの自由です。

よほどその男性が好きなのなら話は別ですがそうでないなら、

余計なことをしないで今まで通りにするのが良いでしょう。

 

10、常に誰かと比較している

 

男性は女性に他の男性と比べられることを嫌います。

なので他の男性の会話をすることを嫌う男性は多いものです。

特に異性として気にしていないのならそれでも平気なのですが、

 

気になっている女性が自分の前で他の男性の話をされることは、

その男性のことが気になってるんじゃないかと不安になるのです。

それが不機嫌そうな態度となって現れているとも言えます。

 

ですが誰かと比較するのは人間として健全な証拠でもあります。

なぜなら、人間は比較することで今の現実を認識しているからです。

 

たとえば初めて出会った人には、脳内では過去の似たような人を見つけ、

その過去の似た人と同じように接することで上手く接しようとします。

つまり過去の経験を生かしているということなのです。

 

嫉妬する男性を上手く避ける対処法

 

いかがでしたでしょうか。

付き合ってないのに嫉妬する男性の心の奥には必ず原因があり、

その心の原因と向き合っていないことで嫉妬してしまうのです。

 

そこで男性自身が自分と向き合って乗り越えていくこともあれば、

いつまでも自分から逃げてダメになってしまうこともあるでしょう。

そんなダメな男性だと分かって上手く避ける対処法としては、

 

  • 関わらないように物理的に距離を作る
  • 会話をしてもあまり深く話し込まないようにする
  • 他に気になる男性がいることをほのめかす
  • 友達を使って好きじゃないことを伝える

 

など手段を使ってみるのが良いと思います。

でも気になる男性の可愛いやきもちなんてものもありますので、

嫉妬とひと言にいっても良い部分と悪い部分がありますね。

どうせなら可愛いやきもちを焼かれてみたいものですね。