今住んでいる部屋の家賃って高くないですか?

家賃を節約したいと思っている人は特に今の世の中多くなっているように思います。

それに高い家賃を払って生活が苦しいと嫌になりますね。

何とかできないものでしょうか。

社会人で一人暮らしをしようと思えば部屋も自由に選べると思います。

そんな自由な立場をうまく活用して家賃の安い部屋を探してみると良いかもしれません。

 

社会人の一人暮らしの家賃の相場と安い部屋の探し方

 

家賃の相場は?

家賃は収入の3/1とよく聞くと思います。

例えば収入が21万円あるなら7万円の部屋を借りる。

そして一般的な家賃の相場は、

「6万円代」

なのだそうです。

正直言うと僕としては「少し高いかな」とも感じています。

なぜならば、

「その6万円代を何とか3万円代にすることはできないだろうか…」

と考えるからです。

ですが僕の住んでいる広島県三次市というのは6万円も出すとかなり良い部屋に住むことができます。

そんな三次市の一人暮らしの家賃の平均相場は4万円代です。

住んでいる地域によって家賃の平均相場に違いが出るようです。

 

 

部屋を選ぶ基準

あなたはどんな部屋に住みたいですか?

「広い部屋」

「綺麗な部屋」

「バスルームが大きい部屋」

「オートロック付き」

「1LDK」

いろいろありますね。

もし家賃を節約したいと思うのであればそれは必要のないことかもしれません。

それは上記のような希望はどこからくるのでしょうか?

「良い部屋に住んでいると思われたい」

「裕福な暮らしをしているように見られたい」

「異性から憧れるような部屋に住みたい」

または、

「変なところに住んでいるように思われたくない」

「自分がおちぶれたようになりたくない」

「社会弱者に見られたくない」

このように「見栄」や「恐れ」からきているのかもしれません。

そして大抵の場合見栄や恐れから判断するとあまり良い結果はえられない。

そのように感じます。

 

 

日常生活への影響

もし無理して見栄で高い部屋に住んでいるとしたら、

お金の使い方にも影響が出てくるのかもしれません。

たとえば、

Aさんは学生の頃の友人Bさんと久しぶりに会うことになり、

食事に行こうという話になりました。

そして当日、

Bさんと会って近くのレストランで食事をしました。

楽しい時間はあっという間に過ぎ去りお会計をすることになりました。

Aさんは久しぶりに会ったBさんに何かをしてあげたくて、

「いいよ、今日はおごるから」

と言いました。

Bさんは悪いと思いつつ喜んでくれました。

ですがAさんは少し高めの部屋に住んでいたのでお金を出すのが惜しい気持ちがありました。

そしてAさんの心の中では、

「ああ、やっぱりおごらなければ良かったかな…」

実は内心このように思ってしまいました。

もし、

見栄を張らず安い部屋を選んでいたら心良くお金を出すことができたかもしれません。

このように自分にとっても良い気持ちになれるお金の使い方に影響が出てしまうのであれば、

普段の自分のものを選ぶときの判断基準を見つめてみる必要があるかもしれません。

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回は安い部屋の探し方について基準となる考え方をお伝えしました。

ですが安い部屋ばかりが良いとは言い切れないとこもあります。

それは、

人生で自分にとって望ましい影響が得られるのであれば、

それなりの家賃でも良いのではないかと思いのです。

たとえば、

自分のセルフイメージが上がり確実に収入に繁栄できるのであれば、

行うべきだと思います。

また良い部屋に住むことが夢でモチベーションに繋がっている場合もありますね。

実際に部屋に住むという行動をする際は、

冷静に状況を分析することは必要不可欠だと思いますが、

要は自分にとってどれを選ぶと今後の生き方に影響するか。

このようなところを考えてみてはいかがでしょうか。

良いライフスタイルが送れることを祈っています。