会話力を上げる為のコミュニケーションスキルより重要な考え方

 

あなたは会話力を鍛えるための本当の意味で重要なことを知りたくありませんか?

会話力とは「場」に合わせて自分の本音を素直に伝えること。

実は、会話力というのはテクニックやスキルなんかではありません。

会話力…つまりコミュニケーションが上手くなるには、

 

1、ペーシング

2、リーディング

 

と心理学では2つのスキルを紹介しています。

そして更にペーシングの中には、相手の動きに合わせる「ミラーリング」と呼ばれるスキルや、

相手の言葉をオウム返しのように使って、聞いている姿勢を示す「バックトラック」などがあります。

そして、それらを一言でまとめると「ラポール(信頼関係)」を築くと言います。

つまり僕たちがコミュニケーションを通して得る目的は、相手との信頼関係にあります。

今回は会話力を鍛えるためのスキルやテクニックより重要なことについてお伝えします。

 

会話力を鍛えるためのテクニックより重要なこと

 

 

スキル・テクニックが生まれてきた理由

 

会話力を鍛えることを考える場合、

上記でご説明したスキル・テクニックが生まれた理由を考えることが大切です。

実際にこうしたスキル・テクニックが生まれた背景は、

 

大好きな人と一緒に居たいから自然に行われた結果なのです。

 

その大好きな人と繋がりたいという強い思いがあったからこそ、

 

「どのようにしたらうまくコミュニケーションがとれるのだろうか?」

 

とたくさん考えた中で生まれてきたものなのです。

なので、コミュニケーションが上手くなりたいなら、

自分が本当に好きな人とはどういう人なのかに気付くことが最初に考えるべきことでもあります。

 

 

自分の好きな人の見つけ方

 

本当は嫌いなのに意識的に受け入れようとしても、

自分に無理してしまって自分も相手も傷つけてしまうかもしれません。

まずはあなたが本当に好きな人というのを明確にすることが重要です。

 

あなたが今までで一番楽しかったときのことを思い出してみてください。

そこに一緒にいた仲間は価値観が限りなく近い存在ではないでしょうか。

このように自分の過去を棚卸をしてみることが本当に好きな人を明確する鍵になります。

 

 

どうしても頑張って会話をしないといけないときは?

 

とは言っても自分の本当に好きな人とばかりで人間関係を築ければ良いのですが、

そうはいかないのが現実ではないでしょうか。

そうした場合、自分を褒めるとういのが効果的です。

僕も日常でこれを取り入れるようになって、ずいぶん心が救われているように思います。

なぜなら、辛いことがあったときって気持ちが沈んでしまいますよね?

そんなときに、

 

「俺、良く耐えたな」

「俺、良く頑張ったな」

「ホント俺、良くやってるなあ」

 

と言った感じで自分の中のもう一人の自分に問い掛けると、

心が洗われたようなような感覚になります。

 

たとえば、

あなたが嫌いな人を一人イメージして下さい。

そしてその人に向かって、

 

「私は、あなたのことが好きです。」

 

と心の中で唱えてみて下さい。

いかがでしょうか?

かなり強い抵抗感を感じないでしょうか?

つまり、自分への問い掛けはかなり強い影響力があります。

なので1日1回は自分を褒めるということを習慣にすることで自分で自分を癒すことができます。

 

 

会話力を鍛えるためのテクニックより重要なこと~まとめ~

 

いかがでしたでしょうか。

自分が一緒に居て心から楽しかった人を明確にさせて、

その上で自分が本当に好き人を求めることが良いと思います。

その方が、無理にスキルやテクニックを意識しなくても自然と行えるのではないでしょうか?

仮に、営業の仕事などお客様を相手にしなければいけない場合でも、

自分の好きな人をハッキリさせておくことで少しずつ関わる人が変化していくと思います。

 

あなたはどんな人とどんなコミュニケーションを取っているのが理想ですか?

 

そのイメージから何か心に感じるものがあるなら、

今からでも追いかけてみませんか?

きっとその方が、人生を変えることができると思います。

ぜひ本当の会話力を鍛えることでスキル・テクニックに依存しない自分を目指してください。

では次回は、人生を変えるたったひとつのきっかけ

についてお伝えしたいと思います。

あなたの本当の会話力を鍛えるための参考にして頂けると幸いです。