人生が変わるたった1つの習慣

人生を変えるたったひとつのきっかけとは?

どうすれば自分の人生を変かえることができるのかお悩みではありませんか?

よく自分を変えることは大切といいますね。

しかし、現実はそう簡単に自分を変えることは難しいものです。

これが実際のところではないでしょうか?

 

たとえば、

会社の上司あら言われた一言についカッとなってしまうことがあるかもしれません。

または、友人との付き合いの中で何気なく言われた一言に、

許せない感情が頭の中をグルグルと回って離れない日々もあるかもしれません。

そのような状況になるのは嫌なものですね。

こんかいは人生を変えるたったひとつのきっかけについてお伝えしたいと思います。

 

人生を変えるたったひとつのきっかけ

 

 

1、人は自分の見たいように見ている。

 

僕たちは、

腹の立ったときは腹が立つように見ていたり、

許せないと思えるときは許せないように見ています。

全ては、ものの見方・見え方が関係しているようです。

なぜなら、潜在意識ではAという出来事に対してBという感情を出すように指令を送っているからです。

なので別に腹が立たない状況でも潜在意識が指令を出してしまうと腹が立ってしまうという現象が起こります。

 

ではなぜこのように潜在意識では僕たちが困ってしまう指令を出してしまうのでしょうか。

それは潜在意識は過去の経験を元に指令を出す判断をしているからです。

目の前に起きた出来事が過去の経験と似ているものならば、

その過去の経験を元にして同じような感情を出すように指令を送ってしまいます。

なので、目の前の現実は腹が立つような状況でもないのにも関わらず腹が立ってしまうことがあるのです。

 

自分の内面をみつて少しずつコツコツと内面から変わる努力を続けることが大切です。

また、内面の努力もスポーツと同じように、

最初から上手くはいかないことが多く、失敗とチャレンジの連続で、

少しずつ上達できるようになります。

なので、人生を変えるとは心を変えることになるので、

早く変わりたいという気持ちは諦めて腰を据えてじっくりの臨む必要があります。

 

 

2、感情と向き合う

 

感情的なると何を失うでしょうか?

きっと冷静になることではないでしょうか。

いかがでしょう。

あなたの最近のイライラしたときのことを思い出してみて下さい。

どうですか?

感情に支配されていませんか?

先ほどのついカッとなってしまうことや、許せない感情が頭の中をグルグルと回って離れないとき、

こういった状況では、自分が感情に支配されてしまっていると思います。

自分が感情を支配する…というよりは、

自分の感情と上手く付き合うことが大切です。

なぜなら、感情は潜在意識からのメッセージだからです。

なので、ものの見方を養うには、冷静になれることが必要です。

自分の本音と言える潜在意識からのメッセージを冷静に受け止めることが大切です。

そう考えると、

ついカッとなってしまうことや、許せない感情が頭の中をグルグルと回って離れないとき、

そのキッカケとなる相手や出来事を嫌うということは、

同時に、

自分自身をも嫌っているという行為にあたるのかもしれません。

なぜなら、出来事を通して出てきたあなたの本音である感情をあなた自身で嫌うことになるからです。

まずは些細なことでも自分を褒めてみるとから始めてみると良いかもしれません。

 

 

人生を変えるたったひとつのきっかけ~まとめ~

 

いかがでしたでしょうか。

人生を変えるたったひとつのきっかけとは自分の感情を冷静に見つめることです。

一見ネガティブで嫌だと思える感情にも人生を変える大きなヒントが眠っています。

忌み嫌うものとして毛嫌いすることはその感情を通して自分自身を否定することになります。

なぜなら、その感情は紛れもなく自分の中から出てきたものだからです。

そうして自分を嫌っていくと自分に自信がなくなってしまうということになります。

それは自分を嫌ってしまうからです。

 

だからこそ自分の感情に揺らぎに振り回されないよう冷静になることが大切なのです。

なにか嫌な出来事が起こってネガティブに感じているとき、

自分の感情をできるだけ見つめるようにしてみてください。

思考をストップさせてただあるがままに感じてみることでやがて意味が変わります。

そうしたらいつの間にか忘れてしまって生きる気力さえも湧いてきます。

では次回は、潜在意識で願望達成を!実現させるための秘訣

についてお伝えしたいと思います。

あなたの人生を変えるきっかけとして参考にして頂けると幸いです。