なぜ働かなくてはならないのでしょうか?

生活のために働かなくてはいけないのは辛いですね。

一体どうすれば良いのでしょうか。

どうすれば、今の自分を変えることができるのか。

僕も、働くことの意味が分からない立場の一人として、

どうすれば良いかをまとめてみましたので参考にしてもらえればと思います。

 

生きる意味働く意味を変える6つの考え方

1、働く理由・意味

一体何のために働くのでしょうか。

生活のため、生きるため、お金を稼ぐため、

きっと多くの人の理由はここが大半ではないでしょうか。

だけど、人によっては自分を成長させる場と言う人もいると思います。

この両者を見比べると、将来に向けての明確な理由・意味に違いがあるように思います。

かと言って、やみくもに自分を成長させるためと思い込ませても、

心は納得しないので結局、

「一体何のために働いているのだろう…」

になってしまいます。

なので、何のために働くのかの理由・意味を自分を見つめる時間が必要かもしれません。

2、お金のために働く

働く理由のランキング1位は生活のためが多いようです。

生活していくためには、お金が必要なのでこのようになると思います。

僕も、働く理由はお金を稼ぐためになってしまいます。

ただ、自分の仕事に誇りを持っている人もいます。

そうした人は、お金のためではなく、

例えば、

1つのことに集中して作業することにやりがいを感じたり、

自分の手掛けたものをお客が手に取って喜んでいることに満足感を感じたり、

家族を養うためだったりと、

お金以外の理由で働くことはモチベーションややる気に違いがあると思います。

3、貢献か自分のためか

会社へは、自分の時間を提供する対価としてお金を受け取ることが基本だと思います。

会社は世の中に価値を提供するからこそ存続できるものであり、

世の中に貢献してこそ、世の中から価値を認められると思います。

しかし、会社は貢献することで存続できていますが、

あなたが自分のためと思って働く場合、価値観の違いから苦しく感じるかもしれません。

会社の理念に従うことは、末端の社員になればなるほど伝わり難いものなのかもしれません。

それに、今さら会社に貢献なんてバカらしいかもしれません。

人は、自分の価値観や信念に沿っている行動だと、やる気が出てくるので、

自分が普段から信じていることや大切に思っていることが何なのか?

を見つめることが大切かもしれません。

4、納得

仕事には合う、合わないがあると思います。

そこには様々な理由があると思います。

仕事に対して心から納得できていないと、仕事に対して主体的になれず、

流れに任せて、言われるだけのことをするようになってしまうかもしれません。

しかし、急な部署移動や会社が倒産してしまったなどの理由で、

止む無く今の仕事をしている場合もあると思います。

そんな状態では心から納得なんて無理な話かもしれませんね。

なので、まず自分が納得してできる行動とはなんなのかを明確にしておくことが大切だと思います。

例えば、

先ほどのいきなり部署移動を命じられた場合は、納得できないけど、

自分から進んで部署移動を申し出た場合はいかがでしょうか?

それだけで納得の度合いは違うのではないでしょうか。

5、認識

仕事に対してどう認識しているかで、自分で自分を苦しめている場合があるかもしれません。

例えば、

「残業3時間は多すぎ!せめて2時間まで」

「週休二日は当たり前!」

だと2時間以上の残業や休日出勤は苦痛なものとなるかもしれません。

6、価値観

人には、それぞれ価値観があります。

価値観の合わない人と一緒に仕事することは苦痛以外の何者でもないかもしれません。

実際に、会社を辞める理由の1位にダントツで人間関係がきています。

逆に仕事が楽しい理由の1位は一緒に居る仲間とあります。

それだけ、人にとって価値観が重要であると分かります。

価値観が合う・合わないは仕事の関係上仕方のないことかもしれません。

それでも自分の価値観は一体何のか?

楽しむことが価値観なら、どんなときが一番楽しかったのか?

を明確にしておくことが大切だと思います。

以上が、生きる意味働く意味を変える6つの考え方です。

いずれも時間は掛かるかもしれませんが、自分を知って明確にしておくことで、

脳にカーナビのように目標設定をさせて人生を変えることができると思います。