あなたは本当に仕事を辞めて良いのか迷っていませんか?

仕事がうまくいかない日が続くことはありますね。

また仕事に対しての不満は必ずあると思います。

そんなとき、

本当に今の仕事が自分に合わないという判断はどうすればわかるのでしょうか。

仕事を辞めるパターンとしては、

1、ネガティブな理由で辞める

2、前向きな理由で辞める

3、辞めざるを得ない理由で辞める

以上の3つがあると思います。

ここで、今が本当に転職すべきタイミングなのかどうか。

仕事を前向きに辞めるための見極める方法をお伝えしたいと思います。

ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

 

~仕事を辞めるタイミング!前向きに退職する6つの見極め方~

 

仕事を辞めるタイミング!前向きに退職する6つの見極め方

 

1、仕事の本質

まず仕事とは一体何なのでしょうか。

なぜ仕事をしていると不満を感じることが起こるのでしょうか。

それは、企業と言う世界は、

人を会社の歯車の一部として役割をはめ込もうとするものであり、

個人にとって理想的な役割に向けることではないからです。

この場合の会社の判断基準は、

個人の能力や数値で判断することが多いのではないでしょうか。

決して個人の気持ちを尊重することは難しいと思います。

そしてそれが当たり前のようになっていると思います。

このような理由から、

「このまま仕事を続けても本当に良いのだろうか」

と迷ってしまうのかもしれません。

 

2、辞めるタイミングを見極める兆候

なぜ面白くないと感じるのでしょうか。

なぜ自分に合っていないと感じはじめるのでしょうか。

なぜこのままここにいても良くないと思うようになるのでしょうか。

人がそのように思う理由には必ず見えないところで原因があると思います。

そして気が付ないレベルでその兆候はではじめて、

気付いたときには問題と感じるほど大きくなっていた。

そんなことになっているのが多いのではないでしょうか。

業績を上げようと努力しても自分に資質があるのか悩んでませんか?

上司や同僚があなたと対等に接してくれて正当に評価してくれてますか?

不可能なことや無理な仕事量をいつの間にか要求されていませんか?

「何だかよく分からないけど気が付くと不満を感じるようになっていた」

と思う理由には、

気付かないところで原因が起こっていることが考えられます。

あなたにとってそれが受け入れられるかどうかを検討する必要があります。

感情的に苦しい思いをする割に合っていないのなら転職のタイミングかもしれません。

 

3、生活リズムが合わない

生活リズムを整えることが難しく、

勤務時間が合わないと感じることはありませんか?

肉体的な疲労は必ず精神的な負担へとなっていきます。

毎日残業、休日出勤、夜勤など、

自分にとって許容の範囲であるなら良いですが、

あまりに過度に辛くて相談しても取り合ってもらえない、

そしてこの先もこの状態が続きそうだと感じるなら、

いかなる場合も冷静に考えることが必要ですが、

生活リズムが著しく破壊されるようなならば、

仕事を辞めるタイミングとして考えた方が良いかもしれません。

 

4、リスクを考える

仕事を辞める決断が鈍る原因はリスク管理ができていないことがありそうです。

これまで築いてきた人間関係、

今まで受け取っていた収入、

履歴書の職歴が増えるなど、

仕事を辞めることで背負うリスクを考えることが大切です。

たとえば、

履歴書の職歴が増えることは、

平均10以上ある場合だと企業側は、

「仕事を転々とし続ける人」

として採用基準に影響する可能性が高いようです。

このようにリスクをできる限り考えた上で、

「どうしても今の仕事を辞めて次の仕事をしたい」

という気持ちが強いなら仕事を辞めるタイミングとして考えても良いと思います。

 

5、辞めるなら次を見据える

具体的なイメージが明確に沸かないまでも、

自分のやりたいことの大体の枠組みははっきりさせておくことが大切です。

嫌なことばかりが目について感情的に仕事を辞めてしまっても、

元々が後ろ向きな気持ちで退職することになるので、

今後この先に良い結果を築いていくことは難しいようです。

あなたは何を手に入れたくて新しい仕事をはじめたいですか?

ここは経済的なことや体裁で判断しようとせず、

心から面白いと感じられることやワクワク感やウキウキと感じる感覚を元にして、

戦略的に決めていいくことが大切だと思います。

なぜなら、

このような自分にとってポジティブな感情に意識を向けていくことで、

人の脳は見たいものを見る傾向があるため、

あなたにとってポジティブな情報が入ってくるようになるからです。

ここがしっかり見えるのなら仕事を辞めるタイミングとして考えられます。

 

6、立つ鳥跡を濁さず

仕事を辞めるからと言って、

「どうでもいいや!」

なんて思っていませんか?

また、嫌いな上司や同僚とケンカして辞めるなどを想像している人もいるかもしれません。

しかし、その思いや行動で行動し続けると、

時間と共に退職することへの決断力が鈍り、

感情とは必ずバランスを保とうとする性質から、

逆に良いことを過剰に考えるようになり、

結局辞められずに足踏みをしてしまうこともあるかもしれません。

せっかく前向きな考えで希望を持って行動しようとしても、

いくらリスクを事前に考えておいたとしても、

そしてポジティブな思いで綿密な戦略を立てているとしても、

いざ行動するときは、行動したときによって味わう様々な感情があり、

あなたの行動を邪魔しようとするでしょう。

ここを乗り越えて自分を成長させるためには、

冷静になり、本当はどうすると自分にとって良いのか。

本当の素直な気持ちに目を向けることが必要ではないでしょうか。

 

本当にやるべきこと

いかがでしたでしょうか。

仕事を変えたいと安易に言葉にする人は非常に多いです。

しかしそれを実際に行動に移す人というのは、

姿勢や思いが真剣であったり、

目の向け方が違うなど何か雰囲気から違うように感じます。

あなたの本当にやるべきことは活き活きとした日々を送ることではありませんか?

どんなことでも心から望むものを手に入れるには、

乗り越えなければいけない壁というのが存在します。

ここでその覚悟が試されているのは明白です。

あなたが自分の人生を本気で生きる基準のひとつとしてご活用ください。