あなたは会社を辞めるタイミングに悩んでいませんか?

そして、

「こんな会社やめてやる!」

と思っていても、時間とともに決断力が弱り、

結局辞めることができずに今の苦しい現状に手を打てないままになっていませんか?

仕事を辞めるに限らず、何かを辞めることは、

実はとても勇気のいることのようです。

それが長ければ長いほど手放し難いものになって辛いものですね。

ではどうすれば続けるべきか辞めるべきかの決断をすると良いのでしょうか。

考えても答えが出てこない、辞めるときの判断についてお伝えします。

 

~会社を辞めるタイミングを逃さない7つの決断できない対処法~

 

会社を辞めるタイミングを逃さない7つの決断できない対処法

 

1、辞めるタイミングが訪れるとき

会社を辞めるタイミングというのは、

「あ、もうこのタイミングで辞めるべきだ」

という瞬間が直感で分かるようです。

つまり辞める決断ができない理由は、

次へ進むための理由が明確でない場合がほとんどのようです。

寿退社をする人がいますね。

そのような人が、

「会社なんて辞めてやる!」

なんて嘆きながら辞める人はあまり聞かないのではないでしょうか。

あなたの次へ進むべきものは何ですか?

あなたの辞める決断力を高めるには、

次へ進む理由を明確にすることで迷いを断ち切ることができます。

 

2、今の状況をどう解釈しているのか

あなたは今の状況をどう感じていますか?

会社で過ごす1日を振り返ってみて、ネガティブな感情を多く感じやすい傾向なら、

根本的な解決を目指す必要があるかもしれません。

仕事の内容、人間関係、通勤距離など総合的に見て、

イライラ感、ため息、閉塞感、我慢、感情に蓋をしいるなどを感じてませんか?

たとえ自分なりに対策を立てて少しずつ改善してきているとは言えど、

将来性を考えてみると、このまま同じ会社に居続けることは、

人生というスパンから見て、幸せな人生を送る上では、

今の会社に居続けることは、効率が悪い場合もあるようです。

一度しかない大事な人生を無駄に過ごさないために、

勇気を持って一歩踏み出す決断をする必要もあるかもしれません。

 

3、何らかの障害を負う可能性

なぜ毎日ストレスを感じてしまうのでしょう?

あなたはこのストレスを感じてしまう理由が何なのか分かりますか?

それは多くの場合、価値観の不一致から起こるケースが考えられます。

なぜならば、

自分のことを認めてくれない人と一緒に過ごす時間は楽しいですか?

特にそれが上司となるといかがでしょうか?

会社には人それぞれ様々な理由で入社してきていると思います。

それ故に、

趣味のサークルや習い事のようにほぼ共通の価値観を共有することは、

ほとんどの場合、難しいのかもしれません。

そのような理由から、

ストレスによる精神や体への健康を損なう可能性は十分に考えられるのです。

もし自分の限界を超えているように感じるのなら、

今の人間関係を続けることは将来的に何らかの障害を負いかねないかもしれません。

 

4、不安や恐れで仕事を続けている

あなたはなぜ今の仕事を続けているのでしょうか?

周囲の人が止めるから?

収入が無くなり生活が困るかもしれないから?

今まで築いてきた人間関係を失うから?

親兄弟に白い目で見られるから?

他人に恨まれそうだから?

もし誰かを傷付けることや不安から仕事を続けているのなら、

あるいは過去の失敗による恐れから仕事を続けているのなら、

本気で人生を変えたいなら手放さなければならないのかもしれません。

あなたが本気ならどこかで、

「せーの!」

で思い切って飛び越えなければいけなくなるでしょう。

小学生の頃、飼っていた犬と家族で山を散策していたことがありました。

途中に川に差し掛かり、木でできた橋を渡るのですが、

飼っていた犬は怖くて渡れませんでした。

そして家族は橋を渡りどんどん犬との距離は離れていくのですが、

犬は一生懸命に吼えて訴え掛けます。

それでも反応せずどんどん家族との距離は離れていきました。

そして犬はついに勇気を持って橋を渡りました。

 

5、問題と感じる原因を把握する

とにかく嫌な出来事とは感情的になりやすいと思います。

それは、

ものごとが一方的な見方仕方しかできなくなり、

一度思い込んだらなかなか客観的に見ることが難しいからのようです。

なぜ一方的な見方しかできなくなるのでしょうか。

脳には見たいものしか見ないようにする機能があります。

あなたの今現在欲しいと思うものを想像して下さい。

それは街で歩いているときや車で移動しているとき、

デパートのチラシや書店に並ぶ雑誌など、ふと目に映ることがありませんか?

これは脳の機能が原因と言えます。

それは好きなことばかりを目に映るなら良いのですが、

とうやらそうと言えないようなのです。

なぜならば、

脳は感情を強く感じることを優先して記憶するからです。

なので一方的なものの見方しかできなくなるのです。

人は良いことより嫌なことの方が多いと聞いたことはありませんか?

それは、

脳には楽しい憂しいことよりも、

苦しい辛いことを優先して避けるようになっているからです。

なので嫌なことが多いと感じてしまうようです。

実際にはそう思い込んでいるだけなのです。

 

6、最初は辛抱強く

会社を辞めて新しい仕事をするときは、

最初は辛抱強く行うことを考えておくことが大切です。

それはどんなことでも同じことが言えると思います。

一から始めることには不安はあると思います。

経済的な面でも不安を感じてしまうでしょう。

そんなときは焦ってしまいがちかもしれません。

「やっぱり仕事なんて辞めなければ良かった」

「この先どうなるんだろう」

このような気持ちになるのは、

自分の目的、価値観、信念と言った内面を知ることが足りていないからかもしれません。

ですがいずれにしても簡単に答えが降りてくるものでもありません。

なので一番の特効薬は、

じっと体の感覚を感じ続けることです。

そうすると感じていることが別の意味へと変化することを楽しめるようです。

このように事前に新しい生き方のシュミレーションが大切です。

 

7、複数の方法を考える

これから行うことがもしうまくいかなかったら?

新しい仕事をはじめても上手くいかなかった場合の具体的なプランを練っておくことです。

そうすると心の負担も軽くなるのかもしれません。

次に何をするか?

更に次は何をするか?

常に先を考えながら行動する習慣を持つことも大切です。

ここで大切にして欲しいことは、

あなたが最終的にはどうなりたいかという夢のレベルまで考えて、

その上で夢を達成しているあなたの視点から見て、

次に何をするか?

さらに次は何をするか?

を考えることです。

目的地をはっきりせずに動くと不安や迷いが多く感じやすいと思いませんか?

どうなりたいのか分かっていると、

どっちが自分にとって正しい選択になるのかの判断がしやすいようです。

 

まとめ~会社を辞めるタイミングを逃さない7つの決断できない対処法~

いかがでしたでしょうか。

なぜ嫌なのに今の会社に留まり続けるのかの理由が少しでも見えてきたでしょうか。

何かを得ようと思えば、必ず何かを手放さなければいけない。

オレンジジュースを飲もうと思ったら、

お店に行ってお金を支払わなければいけません。

必ず何かを差し出さなければいけないのだと思います。

あなたの手に入れたい夢は、

何を差し出す必要があるのでしょうか?

ぜひ手放す勇気を大事にして下さい。