孤独感が強いことを悩んでませんか?

孤独感、疎外感、不安感を感じることは健全な証拠。

それはけっしてどうしようもないネガティブなことではないのです。

 

孤独の良いところは、自分自身と思いっきり向き合うことです。

それは自分のやりたいことを制限なく集中できるということです。

一人になったときの時間で人は成長することもできます。

 

たとえば、

 

大きな決断をするときは自分一人で決めますね。

 

実は孤独感を抱いてしまうことに逃げることが問題なのです。

孤独感そのものがいけないこどではないのです。

孤独なときに感じる感情を見つめることで気づくことは多いもの。

そんな孤独感を抱いているときに気づきに繋がる言葉を送りたいと思います。

 

 

孤独感の力で自分一人で考える楽しさ感じる20の言葉

 

 

1、テレビのスイッチをOFF

 

雑音が自分を紛らわせてくれるなんて一時の気休めです。

無音の空間で自分の心と真正面から向き合えば心地良いものです。

 

 

2、自分に訪ねよう

 

良い人生を決めるのは良い質問を自分に投げ掛けるから。

孤独な時間に理想の自分になるために問い掛けていきましょう。

 

 

3、人の良さを知るために孤独を味わう

 

孤独感を抱いてしまうのは、今まで人に囲まれていたからかもしれません。

急に一人になって寂しいからとネガティブになりやすいですが、

孤独を味わうことは人の暖かさを知る良い機会かもしれません。

 

 

4、人は元々、孤独なもの

 

人は一人で生まれてきて、一人で死んでいくものです。

大勢の中にいても孤独を感じるときはあります。

 

 

5、孤独だからこそ素晴らしい

 

人が素晴らしい発明や発見をするとき、その人は常に孤独の中にいます。

だからこそ誰もが成しえなかったことができるのです。

 

 

6、孤独感と他人は関係ない

 

誰一人いない空間でも、大勢いる空間でも孤独は感じます。

誰一人いない空間でも、大勢いる空間でも孤独を楽しむこともできます。

 

 

7、孤独の本当の意味

 

本当の孤独とは一人のときの寂しさなんかではありません。

本当の孤独とは自らの道を定めて歩んでいるときの至高の領域なのです。

 

 

8、孤独は神聖なるもの

 

孤独を感じる人ほど精神性が高く、またそのような道を辿る運命なのです。

あなたが自分の信じる道ができたとき、一人で向き合うときが必ずやってくるでしょう。

 

 

9、孤独だからこそ成長する

 

孤独なときを乗り越えて人は成長します。

その先も自分の道を歩む限りは、ずっとそうなのかもしれません。

だからこそしっかりと根を張り、道を定めて歩んでいけるのだと思います。

 

 

10、孤独は自分を裏切らない

 

最も効果的でリスクのない投資は「自己投資」です。

そして自己投資には必ず自分と向き合う時間、つまり孤独が待ち受けているのです。

 

 

11、皆の心がひとつになり続けることはない

 

仲間と手を取り合って、共に歩んでいくとしても、

全世界の人々が手を取り合って、ひとつにまとまったとしても、

一人ひとりを見ていくと必ず一人のときがあり孤独を感じるときがあるものです。

 

 

12、したいことをすれば孤独になる

 

自分のしたいことをすると、どうしてもそれは感じてしまうものです。

孤独になることを恐れず、したいことを続けるしかないのです。

 

 

13、なぜ孤独を感じるのか

 

それは、一人ひとりに個性があるから。

他人と自分に違いがあるからこそ孤独を感じるものなのです。

親しい人と共にいる時間は、あまり感じないと思いませんか?

 

 

14、孤独こそ楽しむもの

 

一人の時間を楽しめない人は、他人といても心から楽しめません。

この言葉は多くの人が知っていることだと思います。

一人の時間の過ごし方が人の心を豊かにするのだと思います。

 

 

15、偉大な人ほど孤独

 

どんなに成功している人でも、どんなに偉大な人物でも、

必ず孤独になって自分と向き合っています。

逃げずに自分と真正面から向き合うことが大切なのが分かります。

 

 

16、「足るを知る」には孤独を知ること

 

僕たちは今の生活を当たり前のように送っています。

それがどんなに恵まれているかを知らないのです。

それを知るには自分から孤独になることを選択する必要があります。

 

 

17、自分らしい生き方とは

 

自分らしい生き方とは、孤独をも取り込んで生きる生き方です。

一人が寂しいからと孤独に取り込まれてはいけないのです。

 

 

18、孤独が一番自分を知れる

 

孤独を感じるときこそ、真の自分を感じとれる瞬間です。

自分の心を肌で感じれることは、けっして良い感覚ばかりではありませんが、

それでもしばらく味わい続けていくうちに、その意味が変わることを楽しめるでしょう。

 

 

19、孤独と寂しさは違う

 

よく勘違いをしている人がいます。

この2つは似ているようで意味が全く違うのです。

たとえ寂しさにしても味わい深く意味深いものだと思います。

 

 

20、笑顔になれるのは孤独を知るから

 

陰と陽、光と影、表と裏と必ず対象には反対の存在があります。

他人に笑顔になれる理由は、そこにあるのかもしれません。

 

 

まとめ

 

光りと影、

未来の光を信じて、今の一人を生きることは試練でもあります。

本当の幸せを掴むため、今の心の壁を乗り越えることが大切だと思います。