自分のことが好きな人とはどんな人だろうか?

それは、自分をうまくコントロールできていることではないだろうか。

 

あなたはいかがでしょうか。

うまく自分をコントロールできていますか?

 

自分のことが好きな人は、自分に素直に行動しています。

自分に素直に行動しているからブレずに生きていくことができます。

 

僕もそんなに偉そうには言えないのですが、

過去に自分の気持ちを死ぬほど抑え込んで、

本当はどうしたいのかの本音を言えず、

高校1年のときには、家族でさえ会話することを放棄しました。

 

社会人になってからも他人とのコミュニケーションが分からず、

ずっと孤独で最終的には2,3人の友人のみの付き合い。

さらには今現在でさえも人を避けてしまう自分がいます。

 

そんな自分でもある心理学を学んだことがきっかけで、

心にひとつの軸を築き、ブレない自分に少しずつなっていきました。

そこで今回は、ブレない自分になるための5つの行動をご紹介します。

 

 

自分のことが好きな人の5つの行動

 

 

1、2つの時間の使い方を意識する

 

仕事では効率良く、優先順位を決めて行動することが重要ですね。

その点において仕事の時間では、「質」が重要視されます。

 

一方で、

 

親しい友人関係や家族、恋人な場合はどうでしょうか。

じっくりと時間を掛けて心と心を通わせる「量」が大切になります。

信頼関係を深めていくには、たとえ無言でも深めていくことができます。

 

最初は気を使ってしゃべっていた関係も、

打ち解け合ってくると間ができても平気になりませんか?

 

急いで人間関係を築くことはできないし、効率の良い家族なんてありません。

 

仕事で求められるのは「質」で、

人間関係で求められるのは「量」です。

 

 

2、自分の身体を管理する

 

自分の身体が健康的であれば、心も健康です。

身体を動かすための時間を持つことが大切です。

 

もし忙しくて身体を動かす時間が取れないなら、

それは時間の管理の仕方に大きな偏りがあると言えます。

 

定期的に体を動かす機会をつくり、ジムやスポーツをすると良いでしょう。

仲間とすれば時間を楽しむことができますし、

一人で行っても自分と向き合って記録を伸ばしたりすることができます。

 

どの時間を選択しても「楽しむ」ことです。

 

 

3、心を見つめる

 

今何を感じて、何を考えているのか。

それは、あなたの意識とは別のところの潜在意識を見つめることです。

僕たちは自分のことを100%自分でコントロールしていると勘違いをします。

 

たとえば、

 

心臓は意識せずとも生まれたときからずっと無意識に動き続けています。

そして自分の意志ではコントロールすることは不可能です。

それは潜在意識によって制御されている領域なのです。

 

自分を見つめるとは、具体的に言うと、

今、身体で感じている感覚に意識を向けるということです。

 

それを瞑想の中に取り入れていきます。

目をつむり聞こえてくるものや感じるものに意識を向けるだけです。

 

 

4、食事をしっかりととって管理する

 

身体の中に入れるものの選択で脳に影響します。

脳に適切な栄養が行き届かなければ正常な機能が徐々に鈍ります。

他にも栄養が足りなければ、身体のキレにも変化がありますね。

 

「食事だけは手を抜くな」

 

これは、節約していても食事だけはしっかりしなければいけないということです。

そして節約で最も失敗しやすいのが食費でもあるのです。

 

適切な食事のとり方ができれば、想像力、自信、判断力などが冴えてきます。

偏食にならないように気をくばり、欲のまま食べ過ぎにも注意しましょう。

 

 

5、休むことが大切

 

身体を鍛えれば、休んでいるときに強くなっていきます。

身体を鍛えている時間は、筋肉を破壊する作業です。

 

脳も使っていけば、休んでいるときに神経が繋がれていきます。

脳を使っている時間は、エネルギーを消耗しているときなのです。

 

なので、休むことが如何に重要であるかが問われます。

適切な休みを取り入れないといくら鍛えても、強くなりません。

それは心においても同じことがいえるのです。

しっかりと休むことを意識していきましょう。

 

 

自分のことが好きな人の行動

 

自分のことが好きな人の行動は、自分をしっかりと管理しています。

そのためにも、自分の心からしたいと思うことに素直になること。

 

人生の最大の目的は、自分の幸せです。

自分の才能を見出し、能力を思いっきり発揮することです。

それが成功だと思います。

自分のことが好きになれることを祈っています。