彼氏と別れたいけどどうしたらいいだろう。

彼氏との関係にお悩みではありませんか?

付き合ってみてはじめて分かることは多いものです。

 

そんな中、

どうしても合わないところやむずかしいと感じるころも

出てきてしまうのは仕方のないことかもしれません。

 

このままグダグダと心に何かがつっかえたような

気持ちを抱えたまま今の関係を続けることは、

今後の素敵な出会いを逃してしまうという

とても勿体ない人生を送ってしまうことになるかもしれません。

 

そこで今回は彼氏と別れたいと思っているあなたに、

様々なシチュエーションから別れる方法をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

彼氏と別れたときの具体的な方法や考え方6つ

 

 

1、少しずつ会わないようにする

 

会わないことが最も効果的ではないでしょうか。

デートの回数を少しずつ断ってみたり、

たまにはドタキャンするのも方法のひとつかもしれません。

 

最初のうちから別れのにおいを漂わすと面倒なことになります。

いきなり会わないようにするよりは、

自然にフェードアウトするようなかたちで、

会わないようにすると心に負担が少なくて良いでしょう。

 

なぜならば

いきなり会わないようにすると

かえって燃え上がってしまうかもしれないからです。

 

 

2、メール・電話などの連絡を徐々に減らす

 

メールの場合は内容はいつも通りにして、

少しずつメールの回数を減らしていきます。

しばらく回数だけを徐々に減らしていくようにして、

その後に内容も少しずつそっけなくしていくと良いでしょう。

 

電話の場合も同様に会話の内容はいつも通りにして、

少しずつ電話の回数を減らしていきます。

同じように回数だけを減らしていきながら、

タイミングをみて会話の内容のあまり感情を入れないようにしていきます。

 

あくまでも「少しずつ」です。

相手に悟られるのはもうしばらく時間をおく方が無難です。

 

 

3、別れたい気持ちを素直に伝える

 

徐々に距離をおいて自然に別れることができたらよいかもしれませんが、

それがむずかしい場合もあると思います。

 

そんな別れることがむずかしい彼の場合、

自分の別れたいという気持ちを素直に伝えるのも方法です。

 

そのとき、

彼から別れる理由を聞いてくると思いますが、

言い訳など考えることは一切やめて、

自分が本当に別れたい理由を素直に伝えることが、

彼の心に響いていくと思います。

 

申し訳ない気持ちも出てくるかもしれません。

罪悪感で一杯になってしまう理由は、

 

そこに誠実さが足りないのが原因かもしれません。

 

なので、

自分の本当の素直な気持ちを伝えるとかえってすっきりとするでしょう。

 

 

4、あえて彼の嫌うことをする

 

彼の嫌うことや許せないと思うことはなんでしょうか?

それをあえてやってみるとどうなれるでしょうか。

 

距離をおいても素直に別れを伝えても

未練がましく別れようとしない彼の場合、

彼の価値観に反する行動をとるという方法があります。

 

男は単純で嫌いな女性の特徴にはパターンがあるようです。

 

彼の前でほかの異性と仲良く話をしてみたり、

他の異性からのメールの返信や電話で盛り上がってみたり、

合コンの予定をいれて彼とのデートを断ったり、

このように嫌われる行動をあえてとります。

 

彼を傷つけることへの罪悪感を感じてしまうかもしれません。

ですが、

気持ちのない関係を続けることこそ彼を傷つけることを知りましょう。

 

 

5、別れたい理由を明確にして決断する

 

あなたの別れたい理由はなんでしょうか?

そこには必ず彼との不一致な点があるはずです。

理由を明確にすることでしっかりと決断することができます。

 

別れることができずに今までの関係にもどってしまっては、

また同じ心に何かを抱えたような苦しい日々を繰り返してしまいます。

 

なぜならば、

彼は妥協案を提示してきて関係を続けようとするからです。

ですが、

その妥協案が継続することはほぼないと言えるでしょう。

彼が食い下がって妥協案を出してくることも予め考えて、

 

そのときにどういう心構えでいることが自分にとって良い未来を描けるのか?

 

そのことを考えておくことが大切です。

 

 

6、中途半端な優しさはみせない

 

中途半端な優しさは感情を逆なでします。

別れるときは今まで必要なかった「勇気」が問われることでしょう。

そこで、

その「勇気」を貫くために必要となるのが優しさをみせないということです。

 

勇気を継続すること。

それは、

いつまでも過去の恋愛に縛られないためです。

 

必要以上に嫌いになることはありませんが、

自分の意志表示はしっかりと示す必要はあるのではないでしょうか。

 

別れるときの優しさは、

彼に寄りを戻せる可能性を感じさせてしまうので、

優しさをみせるよりも自分の別れたいと言う気持ちを

しっかりと意思表示することが大切です。

 

 

まとめ

 

彼氏と別れたときの具体的な方法や考え方6つ

 

1、少しずつ会わないようにする

2、メール・電話などの連絡を徐々に減らす

3、別れたい気持ちを素直に伝える

4、あえて彼の嫌うことをする

5、別れたい理由を明確にして決断する

6、中途半端な優しさはみせない

 

いかがでしたでしょうか。

決して恋愛にはきれなイメージ通りにいかないことも事実です。

そんなとき、

いつまでも今の関係を続けてもあなたのためになりません。

ここでご紹介した内容が参考になれば幸いです。

あなたの恋愛が成就できることを心より祈っています。