彼女がいるのに元カノと会う

 

私という彼女がいるのに元カノに会う・・・

なぜ男性は元カノと会おうなんて思うのでしょう。

そんな男性の心理を知りたくありませんか?

 

他の女と会うだけでも嫌な気持ちになるのに、

相手が元カノとなるとさらに嫌な気持ちになりますよね。

 

そもそもの話、

元カノと終わったから私と付き合ってるんじゃないの?

もしかしてまだ元カノと終わってなかったの?

て、疑ってしまいますよね。

 

男性も何もなかった相手ではないので、

元カノの存在には後ろめたさがあったりします。

なので大概の男性は元カノに会いに行く場合は、

今の彼女に相手のことを伝えずに会うケースが多いです。

 

そこで今回は、

どうして男性は彼女がいるのに元カノに会うのか?

密かに抱いてる5つの心理についてご紹介します。

 

1、いいお友達になっている

彼女がいるのに元カノと会う

 

付き合っていた期間が長ければ長いほど、

お互いに気心の知れた間柄になります。

気軽に自分のことを相談できる異性の友達となるのです。

 

別れた時に、

お互いに後腐れなくすっきりとお別れできていると、

こういうケースになることもあります。

 

元カノのほうにもすでに新しい彼氏ができていて、

その新しい彼氏の愚痴や相談を聞いてほしい、

なんてこともあります。

 

本当にただのお友達になっているのなら、

問題ないといえばそれまでです。

ただ、彼女からすればあまり気持ちのいいものではないので、

嫌な時ははっきりそう伝えた方がいいでしょう。

 

ただのお友達なら彼女に紹介することもできるでしょうから、

元カノのことを紹介してもらい、

一緒に遊ぶくらい仲良くなってしまうのも一手です。

 

 

2、前の思い出を引きずっている

彼女がいるのに元カノと会う

 

元カノと元カレ、

お互いにまだ未練が残っているときに陥りやすい状況です。

 

ヨリを戻そうとか、もう一度付き合おうとか、

そこまで明確な意思を持っているわけではなく、

ただ一緒に過ごす時間をもう一度味わいたいだけ、

というケースです。

 

恋愛に関する男性の脳は「引き出し型」と言われ、

元カノと別れた後もこれまでの思い出が、

引き出しの中でずっと保存されているのです。

 

女性の場合は「更新型」と言われていて、

環境の変化や新しい恋愛によって以前の恋愛は、

元カレへの気持ちもきれいさっぱり忘れることが多いです。

 

ですが気持ちの整理がきちんとできていないと、

男性の「引き出し型」と同じように、

昔の思い出に浸りたくて元カレに会ってしまったりします。

お互いに現実逃避をしているような状況ですね。

 

私自身、付き合っていた彼女がいたにも関わらず、

このタイプで元カノに会っていた時期があります。

 

ちょうど、元カノも付き合っていた彼氏とうまくいっておらず、

悩んでいるところでした。要するに「浮気」ですね。

 

お互いに「よくない」と思いつつも、

こっそりと逢瀬を楽しんでいました。

 

でもお互いにパートナーがいるからか、

徐々に気持ちが離れていき、

ぱったりと会わなくなりました。

 

今では連絡も取っておらず、

自然消滅のような形です。

別れた時はそれなりにキレイな別れ方をしていたので、

 

「あのままにしておけば、キレイな思い出のまま終われたのかな」

 

などと、少し後悔しています。

もっとも、そもそも「浮気」なので終わって当然ですし、

彼女にバレなくてよかった、というのもありますが。

 

 

3、ヨリを戻そうとしている

彼女がいるのに元カノと会う

 

項目2よりも明確な意思があるケースです。

新しく付き合い始めた彼女とうまくいかないとか、

何か不満があるとき、

 

「やっぱり俺にはあの子が」

 

などと思って元カノに戻ろうとするわけです。

こういう時の男性には、

元カノがまるで理想の女性のように見えてしまっていて、

そもそもどうして別れたのかすら、

ちゃんと思い出せないくらいです。

 

元カノにも同じような気持ちがあれば、

付き合い始めてしまうこともあるようですが、

たいてい、こういう場合は、

元カノ側の気持ちは冷めてしまっているものです。

 

項目2で紹介した「更新型」の特徴で、

元カレへの気持ちは、

すでに上書きされて消えてしまっているのです。

しかも、

 

「お願いだから、もう一度付き合おう」

 

という意思で会っているので、

付き合っていたころよりも頼りなく、

情けなく見えてしまうもの。

 

こんな動機で元カノに会っても、

何もいいことはありませんね。

 

 

4、「傷つけてしまった」責任感

彼女がいるのに元カノと会う

 

意外にあるのがこのパターン。

年下の彼女と付き合って別れた時にありがちな話です。

 

年下の女性と付き合う男性は、

得てして「頼られている自分」に満足しているものです。

 

何かの理由で別れてしまったとき、

特にケンカ別れなどトラブルで別れた時、

最初のうちは「あいつが悪い!」と思っているのですが、

時間がたつにつれて別れた元カノが心配になってきます。

 

「元気にしてるかな?」

「あのあと、どのくらい泣いていたんだろう?」

「新しい彼氏見つけて、幸せにしてくれているといいな」

 

という具合です。

しょせんはこれも男性の未練なのですが、

当の本人としてはあくまで「元カノが心配」なのです。

 

もっとこじらせると、

「俺がいてやらなきゃ」とまで思うこともあります。

 

残念なことに、

ここでも男性の「引き出し型」と、

女性の「更新型」の違いが出てきます。

 

元カレが心配なんかしなくても、

元カノは案外早く立ち直って、

元カレのことなどさっぱり忘れ、

あtらしい彼氏と楽しく過ごしていたりするものです。

 

こんなときに、

元カレが突然現れて、

 

「やっぱり君のことが心配で」

 

などと言われても、

困惑することはあっても迷惑なだけです。

 

 

5、カラダ目当て

彼女がいるのに元カノと会う

 

いわゆる、セフレ目当てですね。

「サイテー!」と言われても弁解のしようがありません。

 

もう一度付き合いたいとか、

彼女と別れたいとか、

そういう気持ちは特になく、

女友達と遊ぶ感覚でエッチもしたい、

という目的です。

 

なので、ここで紹介してきた中では、

項目1に近いものになります。

ちょっと気を付けたいのは、

 

「一方的な感情ではこの関係にはならない」

 

という点です。

つまり、元カノ側にも同じような感覚や気持ちがないと、

こういう形で会い続けることはないということです。

また、少なくとも男性としてはあくまで、

 

「遊び相手と思って割り切っている」

 

というふうに自分なりの整理をしていることが多くあります。

キャバクラや風俗に行くのと同じ、という言い訳です。

 

もっとも、キャバクラや風俗だって、

付き合っている彼女からすれば行っていい場所ではありません。

ダメなものは、ダメです。

 

 

彼女がいるなら元カノとは会わない方がいい

本日のまとめ:

  1. いいお友達になっている
  2. 前の思い出を引きずっている
  3. ヨリを戻そうとしている
  4. 「傷つけてしまった」責任感
  5. カラダ目当て

 

ここまで、私自身の体験も踏まえながら、

彼女がいるのに元カノと会う男性の心理について、

5つの項目に整理して紹介してみました。

 

思い当たるものはありましたか?

総じて言えるのは、当たり前ですが、

 

「彼女がいるのなら元カノとは会わない方がいい」

 

ということです。

どんな言い訳をしても、浮気と言われればそれまでです。

男性が気を引き締めるのはもちろんですが、

女性の方に、彼女のいる元カレが接近してきたときも、

十分注意しましょう。