自分の人生を生きる覚悟

 

自分の人生は自分で決める!

誰かの決められたレールを歩きたくない!

限られた命、限られた時間を自由に使いたい!

自分の人生を生きる覚悟とはどんな意味なのでしょう。

だけど確実に言えることがひとつだけあります。

 

僕達は幸せになるために生まれてきた。

 

ということです。

誰だって不幸な人生を送りたくはありません。

そのためには自分の人生を生きる覚悟を決めること。

ではそこで何が必要になってくるかというと、

 

幸せになるために成長していくことなのです。

 

では人が成長するとは何なのかというと、

成長には経験と知識が必要になってきます。

今回は成長における大切なことをお伝えします。

 

これを読み終わるころには、

人生の羅針盤のような知識が身について、

その羅針盤を軸に物事を考えれるようになるでしょう。

 

毎日0.03倍成長したらどうなるか

 

自分の人生を生きる覚悟を決めるというのは、

「よし、やろう!」という意気込みなんかじゃなく、

その覚悟をずっと継続し続けることにあります。

そしてそのためには「弱い力」と言いました。

では毎日1.03倍成長し続けたら、

 

なんと48.482倍になるんです。

 

たとえば毎日ブログを1記事書くとすると、

最初のアクセスが20程度だとします。

それが1年後にはアクセスが960になるのです。

実際にはネットビジネスの場合は1年も続ければ、

3000にも5000にもなっていきますが、

それだけ小さくとも継続が大事だと言うことです。

では毎日1.06倍成長し続けたら、

 

1.724.411.147倍になります。

 

つまり17億倍になるということです。

普段の2倍頑張り続けるのは大変ですが、

その半分程度でも十分に効果があるのです。

ここでお伝えしたいのは示す数字ではなく、

 

小さくとも継続することの大切さです。

 

そもそも継続できなくて挫折する人が多いからです。

あなたは人生の目的が何だかお分かりでしょうか。

僕達は自分の望んでいる人生を生きたいですが、

 

そのためには学んで成長することなのです。

 

成功者とは成長者とも呼ばれているくらい、

人生は学んで成長し続けることが大切なのです。

そして学びにはステージというものがあります。

 

 

人生における6つの学びのステージ

 

先ほどは自分の望んだ人生を生きるには、

学んで成長し続けることが大事だとお伝えしました。

そして学びにはそれぞれステージがあるんですね。

それは以下の6つのステージになります。

 

  1. 知らないことを知らないステージ
  2. 知ってるけどやらないステージ
  3. 知ってることを意識的にやるステージ
  4. 知ってることを無意識にできるステージ
  5. できることを教えるステージ
  6. できることから離れるステージ

 

まず知らないこと知らないステージとは、

例えばサラリーマンから独立して自由になりたいけど、

何をしていいか分からないといった感じのものです。

つまり何をしていいのかすら分からないんですね。

自分探しの旅とかいうのもこのステージになります。

 

次に知ってるけどやらないステージですが、

例えばネットビジネスという方法を知ってるけど、

胡散臭いから手をつけないとかいった感じです。

独立して自由になるための方法は知っているけど、

だけど実際には行動に移していないというものです。

世の中でここまでのステージの人がほとんどです。

つまり行動しない人があまりにも多いということです。

 

次に知ってることを意識的にやるステージです。

これは教習所で車の運転を教わってるみたいな感じです。

ウインカーの出し方や方向確認の仕方や他の車の動きなど、

教習所では習ったことを意識して運転をしてますよね?

 

次は知ってることを無意識にやるステージです。

教習所を卒業したら自分の車で自由に運転できます。

運転に慣れてくると何も考えなくても運転できます。

運転中に明日のことを考えたり昨日のことを思い出したり、

運転しながら別のことを考えたりするのは運転そのものが、

無意識にできるレベルまで身体が覚えているからです。

 

そして次ができることを教えるステージです。

自分が当たり前にできるようになると教えることもできます。

そして教える立場になると今まで気付かなかったことなど、

新たに見えてくるものがあって更に成長していきます。

 

そして最後はできることから離れるステージです。

この離れるというのは次の段階へと行くからです。

そして次の段階になるとまた1番目からになります。

 

このように小さな継続というのは、

この6つのステージを上がっていくことなります。

そして学んだことで大切なのは忘れないことです。

人は忘れる生き物なのでどう学んだことを定着させるか?

ここがステージを上がるためには重要となります。

 

 

知識の定着率と忘却曲線

 

学んで成長し続けるためには、

学んだことを忘れてしまっていは意味がありません。

そこで学んだ知識を自分の中に定着させる必要があります。

ではどのように定着させるかということですが、

その前に覚えたことをどのくらい忘れるのか?

それを以下の数値でお伝えします。

 

  • 20分後 = 42%
  • 1時間後 = 56%
  • 9時間後 = 64%
  • 1日後 = 67%
  • 2日後 = 72%
  • 6日後 = 75%
  • 31日後 = 79%

 

これは心理学者エビングハウスが発表した、

「エビングハウスの忘却曲線」の数値です。

人はわずか1日にして67%も忘れてしまいます。

この数値からどのタイミングで知識を定着させるのか?

ということですがそれが以下のタイミングになります。

 

  • 学んだことを今日中に復習する
  • 学んだことを1週間後に復習する
  • 学んだことを1ヶ月後に復習する

 

このタイミングで復習することで、

学んだことを忘れてしまうのを防げるのです。

僕達は学ぶことは大事だということを知ってます。

 

けどもっと大事なのは知識を定着させることなのです。

 

そして更に知識を定着させるには、

薄い学び方では定着率にも影響してしまいます。

そこでどんな学び方が定着率に影響するのか?

それは以下の内容となります。

 

  • 10% = 読む
  • 20% = 聞く
  • 30% = 見る
  • 50% = 聞く+見る
  • 70% = 議論する
  • 80% = 経験する
  • 90% = 教える

 

いかがでしょう。

人は読む聞く見る話すころよりも、

実際に経験した方が知識は定着します。

それは実際に身体を動かすので身体が覚えるからです。

そして覚えたことを人に教えることは更に定着します。

なぜなら、教えるために自分の中で整理するからです。

 

 

成功を掴むための4つのカギ

 

ここまでの話を踏まえて、

学んで成長することが大事だと分かりました。

けどそれをどこで学ぶかということはもっと大事です。

 

あなたが人生で幸せになりたいと思っているのに、

不幸な人から学んでも本当に幸せになれるでしょうか。

やはり幸せな人から学んだ方が成功しやすいのです。

そこで成功を掴むためには以下の4つのカギになります。

 

  1. 誰から学ぶか
  2. どれだけ学ぶ覚悟があるか
  3. どれだけ変化に耐える覚悟があるか
  4. スキルではなく考え方を学ぶ

 

誰かから学ぶかは先ほど言いましたね?

成功したいならその道で成功してる人に学ぶことです。

 

そしてどれだけ学ぶ覚悟があるかということですが、

自分の人生を生きる覚悟とは弱い力で継続することです。

そしてそれを成功まで続ける覚悟があるかということです。

なぜなら失敗の原因は途中で挫折することだからです。

 

次にどれだけ変化に耐える覚悟があるかですが、

成功するということは自分の環境も変化していきます。

僕達は失敗することに対して凄く怖れを抱きますが、

実は成功することに対しても無意識に怖れてるのです。

むしろ成功への怖れを知っておくことが大切です。

 

そしてスキルではなく考え方を学ぶですが、

物事の全てにおいて99%は考え方が重要です。

継続できないのは考え方を工夫できないからです。

考え方を柔軟に変えることができれば継続はできるのです。

スキルなんて成功における1%の要素でしかありません。

 

 

この世の中はシンプルな構造になっている

本日のまとめ:

  • 毎日0.03倍成長したらどうなるか
  • 人生における6つの学びのステージ
  • 知識の定着率と忘却曲線
  • 成功を掴むための4つのカギ

 

本日の内容はいかがでしたでしょうか。

実はこのブログで書いてる内容は、

知識を定着させるために書いてます。

 

このように得た知識を頭の中で整理して、

アウトプットすることで定着率が90%になります。

ブログって実は最強のツールだったりします。

 

そしてこの世の中は実はシンプルな構造になってます。

僕達は成功者を見てさも凄い人のように感じますが、

実際は小さなことを積み重ねてきた結果に過ぎません。

 

大きなことをやってても分解していけば、

小さなことの集まりでしかないことが分かります。

例えば画数の漢字で「攣」というのがありますが、

これは「糸」「糸」「言」「手」の4つの組み合わせです。

つまりシンプルな感じが組み合わさって形成されてます。

 

だからこそ「弱い力」で継続することなんですね。

 

これが自分の人生を生きる覚悟の意味です。

おそらくここまで具体的に書かれた記事は他にないでしょう。

今回の内容があなたの人生の参考になれば幸いです。