世の中には、自分のビジネスをもって1000万以上稼いでいる人もいれば、

仕事ができなくて、仕事にいきたくない辞めたいと嘆いている人もいます。

 

そして、

 

多くの人は、今の仕事に満足することができず、

仕事に行きたくないと思っても生活のために家族のために、

我慢して頑張っている人がほとんどだと思います。

 

ですが、

 

仕事を楽しんでいる人と、仕事に行きたくない人の違いって何でしょうか?

 

それは、

 

自分が信じている「思い込み」に原因があるのかもしれません。

 

あなたは、仕事に対してどんなことを信じていますか?

 

たとえば、

 

  • 仕事は我慢してやるもの
  • 好きなことを仕事にすることはムリ
  • 才能で飯を食えるのは一握りの人間だけ
  • 仕事は楽しむもの
  • 仕事は人生の暇つぶし
  • 仕事は人間関係が重要
  • 残業するのが当たり前
  • 仕事は仲間がいなければつまらない

 

リストを上げて見るとまだまだ出てきそうなのでここまでにしますが、

今回は、仕事に生きたくない辞めたいと思っている人の思い込みをご紹介します。

もしかすると、あなたも該当するかもしれません。

 

 

仕事に行きたくない辞めたいと思っている人の5つの思い込み

 

 

1、真面目にやれば評価されると思っている

 

まず最初にお伝えしたいことは、

特に上司などの役職を持っている人の多くは、

 

自分が出世をすることを第一の優先事項として考えており、

部下は自分が出世するために使っているに過ぎません。

 

なので、

 

全ての言動と言って良い程、部下のために思って指示する人は雀の涙くらいしかいません。

 

最初の項目から、厳しいことをお伝えしましたが、確かな現実なのです。

100%全ての役職を持つ人たちが、自分の出世しか考えないわけではないのですが、

大半の役職を持つ上司たちは、自分のために仕事をしています。

 

なので、

 

自分にとって都合の良い社員の評価が高くなったり、

理不尽な評価を受けて不満を感じたりするのです。

仕事に行きたくない辞めたいと思ってしまうのは、

正当に評価されていないと感じたからではないでしょうか。

 

 

2、今を耐えれば、やがて好転する

 

仕事に行きたくない辞めたいと思ってしまう理由に、

今を耐えれば、やがて好転して良い状況なると信じてしまっている節があります。

 

上司からも励まされて「よし!」と意気込んでも、

いつまで経っても評価されない、ずっと同じ現状のまま。

 

今を耐えれば、やがて好転するなんて全く持ってあり得ません。

そうして耐えているうちに、仕事へのやる気ゲージはどんどん下がっていきます。

今を耐えているならば、これからも耐える日々です。

 

それをどうしても変えたければ、

 

これまでと全く違う行動を起こすことです。

 

 

3、残業・休日出勤する人は仕事ができると思い込んでいる

 

定時で帰る人間は仕事ができないヤツだ!なんて思っていませんか?

残業や休日出勤して仕事をすることがデキる人間だと思っていませんか?

 

本当に仕事ができる人は、うまくまわせる仕組みをつくって、

比較的余裕を持って仕事をしている人だと、あなた自身も思っているのではないでしょうか。

 

残業・休日出勤をムリして頑張ったところで、

次第に仕事に行きたくない辞めたいと思うようになります。

 

 

4、何でも率先してやろうとする

 

仕事の内容によっては、ムダなこともあるかと思います。

仕事だからと何一つムダなことはないなんて思い込みは捨てましょう。

ムリして頑張れば、そのうち仕事に生きたいくない辞めたいと思うのがオチです。

 

 

5、資格を取って認めてもらおうと考える

 

世の中、実際の仕事で資格そのものがどれだけ役に立つでしょうか。

せいぜい自分を証明するための道具でしかないと思います。

そして、その証明をすることで自尊心を保とうとする見栄に過ぎません。

 

世の中、資格さえ取れば仕事はいくらでも舞い込んでくるということはないのです。

世の中、資格さえ取れば転職先はいくらでもあることもまた幻想に過ぎません。

 

実際に資格手当なんてものは微々たるものですね。

それだけ資格に対しての直接の業務の評価は低いのです。

自分がこれだけ頑張っても評価してもらえない・・・

そうなると、仕事に行きたくない辞めたいと思うようになってしまいます。

 

 

仕事に行きたくない辞めたい人は自分の価値を知ること

 

仕事という環境では残念ながら、あなたの価値を適正に評価してくれません。

やはり、自分の価値は自分で見出して世の中に提供することが大切です。

 

そして、多くの方は自分に合った仕事に出会うことができず、

我慢に我慢を重ねる日々を送っています。

会社の文句を言いながら、同僚の文句を言いながら、上司の文句を言いながら、

満たされない不満を抱えて毎日を過ごしてしまいます。

 

そんな状況を抜け出したいなら、

まず被害者になることをやめなければいけません。

 

「こんな会社つまらない」

「頑張っても給料があがらない」

 

そんなことに嘆くよりも、自分のできることを考えて答えを見つけることです。

自分に常に問い掛けてください。

 

「どうすれば、好きなことをしてお金を稼ぐことができるだろう?」

 

それがとても重要だと思います。