仕事の意味が分からない・・・?

働く目的ってなんだろうか・・・?

毎日毎日、仕事仕事の繰り返しで、無味乾燥の日々に虚しさを感じませんか?

 

こんなことして、何のためになるのだろうか・・・

 

働く目的が分からなければ、このように思っていまいそうです。

ただ、働く意味というのは1つに限ったことではありません。

仕事そのものに意味を考えても仕方のないこともあります。

 

しかし、

 

何かしらの仕事の意味を見出している人というのは、

仕事にたいする身の入り方が違うのも事実です。

では、働く主な理由は何なのでしょうか?

今回は、そんな働く主な理由を紹介します。

 

 

仕事の意味とは?働く目的とはどこにある?人生のあり方を考えよう

 

 

1、生活のために働いて収入を得る

 

生活のためが基本的な考えとなっています。

収入がなくては生活をすることができません。

ある意味、仕方なく働いている人が多いように思います。

 

その他に働いていれば、家族を養うことができます。

働くことで安定した毎日を送ることもできます。

生活の基盤のため、働くという人は世の中の大半ではないでしょうか。

 

 

2、将来の不安を解消するため

 

働かなければ、お金がないのでいざというときに困ってしまいます。

いざというときに備えて、保険に入ったり、貯蓄をしたり、

問題が起これば掛かる費用もたくさん出てきてしまうので、

将来の不安を解消するために働く意識を持っている人もいるようです。

 

さらには、老後のことも考えている人もいるのではないでしょうか。

年金を払っていれば老後はとりあえずは何とかなるかもしれません。

国民年金のほかに、民間の機関を利用している人もいるのではないでしょうか。

 

 

3、自分の目的を達成するため

 

将来やりたいことがあり、その目的のために働く人もいます。

そして、働いて得たお金を将来の目的のために投資していきます。

このときの投資とは「自己投資」と言って、

 

  • スキルアップをして自己成長する
  • 専門的な知識を得て、さらに深めていく

 

などに主にお金を使っていきます。

やりたいことがあったとしても、はじめから能力があるわけではないので、

自己投資をして、自分を成長させなければいけません。

 

 

4、手に職を付けて安定するため

 

もし、今務めている会社が急に倒産したとしたら?

何もスキルがない状態だと、路頭に迷ってしまいますね。

そうならないために、事前に資格などを取得しておくなどを考えます。

 

そうすることで「安心感」を得ることができます。

いざというときに、自分は何とかすることができるというカードがあれば、

今の会社も安心して務めることができるのではないでしょうか。

 

 

5、ただやりがいがあって楽しいから

 

純粋に今の仕事を楽しんでいる人です。

このタイプの人は、まだまだ世の中に少ないように思います。

 

あなたは、心から今の仕事を楽しんでいますか?

 

そう聞かれて、少しでも戸惑いを感じてしまったなら、

それは今の仕事を楽しんでいない証拠です。

 

自分のやりがいのある生き方を求めて職を転々としてみるのも良いでしょう。

結局のところ、人は人を感情的に判断するものなので、

あなたが「面白い人間」だと思われれば会社に好印象を与えられます。

それは、きっと経験からでなければ得られないのではないでしょうか。

 

 

仕事の意味が分からないときは?

 

仕事の意味が分からない、働く目的がないときは、

 

今の会社で働きながら、自分の方向性を見出していくことをお勧めします。

 

なぜなら、

 

会社を辞めてしまったら、将来のことどころではなくなってしまうからです。

 

しっかりと今の地盤を固めた状態で、

精神状態を安定させて自分を見つめやすくしてから、

自分の人生のあり方について考えていくと良いと思います。