ネガティブ思考でも自分の才能を探すことができる考え方の特徴

 

あなたは自分の才能に自信を持つことができていますか?

そもそも自分の才能なんて何?と思っている方が多いかもしれません。

自分に自信を持つことなんて簡単にはいかないかもしれません。

僕たちは自分の才能についてもう一度考え直してみる必要がありそうです。

そうすることで才能というのは一部の人の特別な能力なんかではなく、

もっとごく身近な誰にでもあるものだと知ることができます。

後はそのごく身近なところにある自分の才能を組み合わせて活用するだけ。

実は意外と簡単に才能が見つかるかもしれません。

 

そして、ネガティブ思考についついなってしまってお悩みではありませんか?

ネガティブ思考にハマってしまうと嫌な感情が出て来て嫌ですね。

もし、そのネガティブ思考を変えることができたらどのようになれるでしょうか?

今回は、ついついネガティブ思考になってしまう人にとっての朗報をお伝えしたいとおもいます。

ネガティブ思考であっても才能を見つけて人生を大きく変えることも可能だと思います。

自分の才能は、楽しいことをしたときやワクワクしたときなど、

ポジティブなときに見つかるとよく言いますね?

実は、一概にそればかりではないのです。

 

 

才能は感情が揺れるところにある

 

そもそもネガティブ思考とは、感情が関係しているようです。

あなたもご承知のことだと思います。

では、どのような感情が嫌と感じますか?

こんなことは考えたことがある人は少ないかもしれません。

 

実は、良い感情でも悪いと感じる感情でも、

感情を強く感じる部分に、あなたの才能が埋まっている可能性は非常に高いのです。

なぜならば、才能は感情を強く揺り動かすという特徴があるからです。

 

例えば、

映画を観て、感動して涙が流れるときがありますね?

それは、その映画のシーンとあなたの眠っている才能が、

近いところでリンクしている可能性があるのかもしれません。

 

あるとき、誰かの言った一言に理由も分からず涙がこぼれた経験はありませんか?

あるいは、そのような人を見たことはありませんか?

 

急にこぼれる涙の理由。

 

それは、あなたの潜在意識の奥にある深い価値観を、

他人が偶然、言葉として表現してくれたときに起きます。

その深い価値観のところに才能が埋まっている可能性は大です。

それは、あなたが大切だと思うことであればあるほど、

感情は大きく揺れて感動しやすいように、

同時に、才能も感情が大きく揺れるところに埋まっているからです。

 

・イライラしたとき、

・叱られて悲しくなったとき、

・落ち込んだとき、

・嫉妬心を感じたとき、

・淋しくなったとき、

・怖くなったとき、

・頭が真っ白になったとき

 

これらの感情を感じたとき、どうか蓋をせずにその方向に向かってみると良いようです。

なぜならば、人は嫌な感情を感じたときは、

反射的に否定していしまいますが、

よ~くその感情と向き合ってみると、

実は、意外な面白い理由からきていることに気付けたりします。

 

そして、嫌な感情に敢えて向かうことの利点は、

向かえば向かうほど、思ったほど悪いものではないことに気付けます。

鎖から離れた犬を見て、こちらが逃げれば追いかけてきませんか?

ネガティブな感情も、逃げれば逃げるほど追いかけてきます

なので、ネガティブ思考もあながち悪いものではないんです。

あなたがネガティブ思考でお困りなら、自分の才能に気付くチャンスかもしれません。

 

 

自分の才能に自信を持つこと!ネガティブ思考を活用した才能の見つけ方~まとめ~

 

いかがでしたでしょうか?

意外と才能について知らないことが多かったのではないでしょうか。

ポジティブな感情であれ、ネガティブな感情であれ、

感情が強く揺れ動く近くには、

まるで地震の震源のように僕たち人間にとっての核と直結しているようです。

次回は、自分の部屋を片付けて収納することで心の整理整頓

についてお伝えしたいと思います。

あなたの才能を見つけるための参考にして頂ければ幸いです。