遠慮してしまう、

会話がつづかない、

気を使って疲れる、

ほんとこのままで大丈夫なんだろうか。

他人と関わることが苦手な人は自分が思っているよりも案外多いようです。

そんな僕たちからしてみると、

 

「人と会うことは大事だ!」

 

なんてとても思えたものではありませんね。

他人と関わることは疲れてしまう、

けど今の自分を何とかしたい。

誰にでも気軽に接していけるようにならないまでも、

せめて今の自分から何か変わることができるキッカケが欲しい。

人間嫌いでも心地よく生きられるよう、

そろそろ自分を見つめてみませんか。

 

人と付き合うのが嫌い-人間嫌いを直す方法

 

1、自分に素直になる

本来のあなたは普段どのような接し方をする人ですか?

もしかすると、

そんな本来の自分の接し方をすると嫌わると思っていませんか。

そうなると、

いつでも偽りの自分を演じなければいけなくなります。

それは、

とても辛いことです。

そして、

そんなことがいつまでも続けられるものではありません。

どんな人間関係でも時間の経過とともに本来の自分を出していく必要があります。

そんな本来の自分を出すことができない人に多いのが、

 

「気を使ってしまう」

 

このことではないでしょうか。

ですがそれあ相手に気を使っているのではなく、

自分が傷付きたくないから。

そうではないでしょうか。

たしかに傷付きたくありませんね。

なので少しずつ家族や友人たちと過ごしているような自分を出してみましょう。

完璧にしようと思わなくて大丈夫です。

 

 

2、心のバリアーを緩める

人間嫌いになると、

他人とすれ違うだけでも身構えてしまうもの。

 

「これ以上は近づくなよ」

 

と心のバリアーを張ってしまうことが当たり前のようになります。

そうなると相手から会話を切り出されるとギクシャクしますし、

自分からはなかなか話し掛け難くなりますし、

うまく自分の気持ちを表現できませんし、

きちっと説明することもできませんね。

ここで少し自分の意識を振り返ってみてください。

一体誰が他人は危険だと決めたのでしょう。

ちょっとだけ心のバリアーを緩めてみませんか。

きっと気持ちが楽になります。

考えてみて下さい。

世の中、あなたの敵となる存在はほとんどいないはずです。

もしいると言うのでしたら、

それ人以外の人達にまでバリアーを強める必要はないと思いませんか。

バリアーを張ってしまうと近寄りがたいオーラが出てしまいます。

 

 

3、自分の気持ちを表現する

僕は人と会話をするとき、

常に頭の中でいろいろと考えながら話していました。

考えてから言葉に出す。

これは一見当たり前のようなことかもしれませんが、

実はとても効率の悪いことなのです。

あなたが普段親しい友人や家族の前では、

いちいち頭で整理しながら話をすることはしませんよね。

人と付き合うことが嫌いと感じてしまう人は、

このように他人の接するときにいつも頭に汗をかかせて会話をしているのです。

だから会話がぎこちないし疲れるのです。

ですが、

もし親しい友人や家族のように他人と接することができたら?

いかがでしょう。

あなたならどうなれると思いますか?

他人であるので決して親しい友人や家族のようにはなれないかもしれませんが、

それでも、

今のあなたから良くなっていくと思います。

そのためには考えることはやめて今瞬間に感じたことを言葉にする。

普段行っていることを他人にも同じように接する心掛けが大事です。

 

 

4、人間嫌いをオープンにする

僕たちが人間嫌いであることは、

隠しても仕方がないのでいっそのことオープンにする方が、

結果的に楽になれると思います。

なにも言葉で表現するばかりではありません。

人間嫌いになる原因は、

他人に過剰に気を使いすぎて偽りの自分を演じてしまうことです。

”気を使いすぎて”いて、

”演じすぎて”いるんです。

そしてこのような経験をするときっとこのように思うはずです。

本来の自分を出したときになぜだか申し訳なさを感じる。

実際に周囲の人が自分に合わせてくれたとき、

このような気持ちが物凄く出てくると思います。

そして”気を使いすぎる”、”演じすぎる”自分に実は安心しているのです。

よくよく自分を知っていくとこの矛盾に気付くことができます。

そんな矛盾を体感的に経験することが大切です。

そのためには自分をオープンにすることが必要になります。

このように、

偽りの自分と本来の自分お両方を知ることで得るものは大きいと感じます。

 

 

まとめ

人間嫌いになる理由はひとりよがりなところがあるのかもしれません。

つまり思い込みです。

過去の辛い経験が元となって思い込みはかたち作られていくようですが、

そのまま放置しておくと徐々に成長していき、

自分でも収拾がつかない状態になっていきます。

たとえばあなたが人前で緊張するタイプなら、

なぜ緊張してしまうのか理由が分からないことありませんか?

このように理由が分からなくなった状態です。

ですが、

ガチガチに固まってしまった心の氷も、

上記のような方法で少しずつ自分を見つめていくことで、

いずれはどんな心の問題も自分自身で解決することができます。

あなたの人間嫌いが克服できることを心より祈っています。