どうすればうまくコミュニケーションをとることができるのでしょうか。

それは、

自分の意見を強要しないことが重要と言えます。

なぜならば、

人はそれぞれ自分の意見を持っているからです。

 

そして、

人と関わりたくないと思う理由は、

感情的に判断するからではないでしょうか。

どんなに理路整然とした理屈を言ったとしても、

結局は感情がものを言うことには変わりはないと言えそうです

 

だって人は感情で動く生き物だから。

 

つまり心から感動しなければ、

言われたことにたいして、

どこかで強要された感があるのではないでしょうか。

 

自分が相手に強要しないために、

そして、

相手からの強要とうまく付き合うために、

信頼関係を築く7つのルールをご紹介します。

 

 

人と関わりたくない、めんどくさい人のための信頼関係を築く7つのルール

 

 

1、ありのまま受け入れる

他人と信頼関係を築いていくためには、

ありのまま受け入れることが大切です。

ありのままとは他人のこと、というよりも

 

自分が感じている今の気持ち

 

自分のことを素直に認められないと

他人のことも受け入れることができなくなるようです。

 

 

2、真摯に受け止める

 

信頼関係を築く基本は正直になって自分から打ち明けること。

自分から打ち明けるということは簡単なようで難しいものかもしれません。

そこには、「恐れ」とも向き合うことになるからです。

 

 

3、他人との違いを認める

 

他人との違いを認めるというのは、

相手のことを知ろうとする姿勢と言えます。

 

自分の視点から離れて、

相手の視点でもの事を考えてみることが必要です。

こうしてお互いが理解しあえる関係をつくっていきます。

 

 

4、相手を応援する気持ち

 

他人の違いを理解した上で、

そのために自分にできることで相手に協力する。

 

相手と自分は互いに考えは違うけど、自分は相手を応援する。

応援することとは、

このように行動に移すことが肝心なのかもしれません。

 

分かり合える関係とは、

必ずしもお互いの気持ちを一緒にするのではなく、

お互いの考えの違いを認めて協力できることのようです。

 

 

5、相手の間違いも権利のひとつ

 

相手が反発して感情的になることもあるかもしれません。

自分のことを応援してくれないこともあるかもしれません。

人間なので完璧な存在などいないと思うことが大切です。

 

なので、

相手も間違ってしまうことは当然のことながらあるもの。

人間は誰もがそういう状態になるということを認める姿勢が大切です。

 

 

6、他人は変えられない

 

他人に意見を強要してしまうのは、

他人に変わってもらいたいという姿勢からかもしれません。

 

他人を変えようとすれば、意外とエネルギーを消費するようです。

しかし、

自分を変えようとすれば、

その経験は必ず将来で生きてくるはずです。

そして、自分を変えることの方が楽であることにも気づくことができます。

 

 

7、感謝の気持ち

 

分かってくれないような相手は必ず存在します。

そこで反発してしまう気持ちが出てしまうかもしれませんが、

そうした人たちから学べることもあると思います。

 

自分に都合の良い人間関係ばかりを追い求めず、

痛いと感じるような出来事でも感謝できる気持ちを持てば、

相手に自分を理解してもらおうと思う姿勢から、

自分から相手を理解していこうという姿勢になれるようです。

 

 

まとめ

 

人と関わりたくない、めんどくさい人のための信頼関係を築く7つのルール

 

1、ありのまま受け入れる

2、真摯に受け止める

3、他人との違いを認める

4、相手を応援する気持ち

5、相手の間違いも権利のひとつ

6、他人は変えられない

7、感謝の気持ち

 

いかがでしたでしょうか。

ここでご紹介した内容は信頼県警を築いていくための基礎です。

意外と知らなかったこともあったのではないでしょうか。

理想的な信頼関係が築けることを祈っています。