人生は思っているよりずっと短いのかもしれません。

なのに、毎日が退屈な日々、仕事も退屈で、

 

「はやく終わらないかなぁ・・・」

 

と思いながら時間が経つのを待つ姿勢で過ごしては、

つまらないし、勿体ないことでもあります。

 

ですが、

 

自分の人生を生きるための方法なんて分かりませんよね。

自分の人生を生きるとは、どんなことをすると良いのでしょうか。

そんな人生の旅の途中のあなたに自分の人生を生きる教えをお伝えします。

 

 

自分の人生を生きるための20の教え

 

 

1、今の自分を受け入れる

 

全ては現状の自分をありのまま認めることからはじまります。

ヘタなプラス思考では、自分の人生を生きることはできません。

 

 

2、自分に素直になる

 

自分が本当は何がしたいのかを無視しないことです。

自分を偽って苦しむのは、あなた自身です。

 

 

3、見栄をあきらめる

 

見栄を張っても苦しくなってしまうだけです。

見栄で満たされるのは、たった一時の感情です。

 

 

4、価値観の合う人と過ごす

 

無理して価値観の合わない人に合わせる必要はありません。

自分と合う人に自分のことを打ち明ければ良いと思います。

 

 

5、自分が変化の中心になる

 

他人を変えることは、実はとてもエネルギーを消費します。

それよりも自分自身が変わることの方が、結果的に他人をも変えることになります。

 

 

7、不満と感じる奥にあるものは?

 

不満を感じる出来事は、限りなくたくさんあると思います。

ではその不満は一体どこからきているのでしょうか?

その不満は自分が勝手にそう感じているんだと知ることが大切です。

 

 

8、完璧をあきらめる

 

最初からうまくやろうと思わないこと、誰にでも好かれようとしないこと。

ある程度、取りこぼしや失敗はあるものと覚悟して望んだ方がラクに生きられます。

 

 

9、自分との約束は守る

 

今日の自分に、明日の自分に、未来の自分にどのような約束をしますか?

また、安易に自分に約束しないことも意識すると良いでしょう。

「やっぱり自分はダメだ・・・」なんていう信念を築かないためです。

 

 

10、他人は自分の映し鏡

 

人の言動が気になる理由は、自分の中にも備わっているからです。

ならば相手の良い部分を見つめるようにすると、自分の良い部分を知ることができます。

 

 

11、段取りを考える

 

なんの準備もなしに行動することは、非効率でもあります。

仕事でもプライベートでも考えられる限りのことは、事前に準備をしておいて、

いざ本番に臨むときに集中できるよう、また楽しめるようにしましょう。

 

 

12、「忙しい」は言いわけ

 

都合が悪くなって逃げるために「忙しい」を使ってませんか?

デキる自分や自分を誤魔化すために見栄を張るために「忙しい」を使ってませんか?

人間力があり、仕事のできる人は比較的、余裕を持っていると言います。

 

 

13、不要な情報はカット

 

メールボックスに不要なメルマガからの情報や特に読まない新聞など、

今、この瞬間に必要ではない情報なら全て解約してしまい、

ホントに今の自分に必要な情報だけを選択するようにしましょう。

 

 

14、まずは簡単なことからはじめる

 

たくさんやりたいことや、やらなければいけないことがあるかもしれません。

ですが一番はじめのときの行動には、ひとつだけルールがあります。

それは、考える必要のない一番簡単なことからはじめることです。

 

 

15、未来は過去の延長

 

僕たちは過去のことで後悔したり、未来のことに不安を感じたりします。

過去の過ちを教訓にし、今、この瞬間の自分を変えていくことで、

次第に未来への不安も解消されていきます。

 

 

16、価値観の合う人を大切に

 

誰にでも良い顔をしようと八方美人になってしまいます。

しかし、八方美人では誰からも信頼されなくなってしまう危険があります。

自分と価値観の合う人だけを大切にすることだけを考えるよう気持ちを割り切ることが大切です。

 

 

17、失敗の認識を変える

 

あなたは失敗と聞くとどのような反応をしてしまいますか?

実際に失敗すると、恥ずかしさ、苦しさ、怒りなどの感情が出てくると思います。

それは失敗に対する自己認識がネガティブなものだからです。

 

 

18、自分の感情に冷静になる

 

感情に振り回されない唯一の方法があります。

それは、自分の身体の感覚に意識を向けることです。

身体の感覚に意識を向けることは、冷静でなければできません。

 

 

19、健康的な生活を心掛ける

 

栄養のある食事、適度な運動、十分な睡眠を心掛けましょう。

それらが整わないと、身体に支障が出はじめ、やがて心にも影響します。

逆に整っていれば、いつまでも若々しく充実した日々を送れるでしょう。

 

 

20、素直になること

 

知らないことを知ったかぶりしていませんか?

知らないことは知らないと素直になって尋ねることが重要です。

どちらにしても相手に違和感を与えてしまうので、信頼感を失います。

 

 

自分の人生を生きるために

 

自分の人生をいきるために、本当にやりたいこと実行したいことに素直になることです。

したくないことをムリして頑張ったところで、心が擦り減ってしまうばかりです。

そんなことまでして、一体何を満たしたいと言うのでしょうか。

 

自分の本当にしたいことに素直になるだけ。

 

ただ、これだけだと思います。