あなたは好きな男性に振り向いてもらえなくて悩んでませんか?

恋のはじまりはどのタイミングで起こるか分かりません。

もし、恋のはじまりを意図的につくることができるとしたら?

 

人間関係の基本は「信頼関係」が最も大切と言われています。

恋愛関係でも同じように「信頼関係」を築くことが重要なのです。

どちらも同じ理屈が通じます。

 

つまり、人間関係の基本である「信頼関係」の築き方を

あなたが好きな男性に対し行うことができれば、

彼は無意識にあなたに対して好意を持ってもらうことができます。

 

これは、何も特別なことではなく、

僕たちが何気なく行っていることでもあるのです。

ただ、それに気づいていないだけ。

なので、もし以下でご紹介する内容を意識して行動し続ければ、

 

少なくとも彼に嫌われることはないと言えます。

あなたがピンとくるものを実行すれば、

きっとイメージしている理想に近づけるかもしれません。

 

男性心理をうまく活用して脈ありにする4つの行動

 

1、人間関係の基本は観察力

 

観察力を磨くことは基本です。

なぜなら、相手のことを知らなければ良い関係を築けないからです。

そのために重要になるのが「情報」です。

その情報を得るために観察力を磨く必要があります。

 

あなたは自分のことばかり考えてませんか?

 

恋は盲目と言われるように、

相手のことを考えているようでも、自分のことしか見えなくなります。

なぜなら、恋愛は最も感情が揺れやすいからです。

そう思いませんか?

 

感情に揺れて手に入る恋を逃してしまったことがあるのではないでしょうか。

冷静に相手を観察して、本当はどうなのかを知る姿勢が大切です。

 

 

2、物理的距離感と好意の関係

 

人は会う機会が多ければ多いほど好意を抱きます。

なぜなら、実際に会うことで相手の存在感を肌で感じ、

 

「この人は、こういう人なんだな」

 

と無意識レベルで人となりを理解するからです。

その過程で彼があなたに対して「安心感」を抱くようになります。

それは、彼があなたとどう付き合っていけば良いか分かるからです。

 

なので、単純に会う機会を増やすと良いでしょう。

なにも無理に近づこうと頑張って会話する必要はなく、

 

必要なのは、会う機会を増やして自然のタイミングで会話をする。

 

これが最もお互いにとって無理のない自然な距離感の詰め方です。

 

 

3、ありのままの自分を演出

 

演出と表現しましたが演じる必要はありません。

普段の自分のありのままの姿をさらけ出すことです。

 

ガチガチの人と自然体の人、どちらが話し掛けやすいですか?

 

答えは簡単ですね?

あなたが普段の自分を出すことは彼に「安心感」を与えることに繋がります。

 

恋も愛もその姿勢は変わらず与えることにあります。

 

恋が愛に変わったからと彼と接する姿勢を変えるのではなく、

終始一貫した軸を持つ意味として、常に自分から与え続けること。

 

それは何も特別なことをする必要はなく、

今のあなたができることを、できる範囲でやっていけば良いのです。

 

それがありのままの自分を出すということです。

それならば自分に無理することなく与え続けられると思いませんか?

それだけで十分だと思います。

 

 

4、更に距離感を縮めるには?

 

何となく好きな人の行動が読めてしまうことはありませんか?

 

いくら会う機会を増やして、ありのままの自分を演出しても、

他の女子と同じ立ち位置では大勢の中の一人になってしまいます。

 

大切なのは、あなたが彼にとって目立つ存在になる必要があります。

これは特別なことをする必要はありません。

 

彼の立場から考えてあなたという存在が、

大勢いる観客からたった一人浮いて見える存在になることです。

では、そうなるにはどうすればいいのかというと、

 

彼が本当に望んでいるものは何か?

 

もっと別の言い方にすると、

 

彼はどんな感情を満たしたいと思っているのか?

 

そこにアンテナを張ることが重要です。

人はその場、その時によって満たしたい感情があります。

あなたが彼の本音を的確に掴めることができれば、

あなたという存在は彼にとって特別な存在になります。

 

ですが、これも行いとしては特別なことではなく、

好きならば自然とやっていることなのです。

ただもう少しだけ意識すると彼のことがもっと知れると思います。

そこに合わせてあなたのできることできる範囲で与えていくと良いでしょう。

 

 

まとめ

 

全ては基本の観察力が土台となっています。

観察力を磨くには冷静さが大切です。

感情に揺れて歪曲した思い込みを信じてしまい、

実るはずの恋愛やより深めていける関係が崩れてしまうのは

とてもツライことだと思います。

 

そしてそんなことは誰も望んではいないはずです。

もし恋のライバルがいるならば、その人たちは喜ぶかもしれません。

しかし、そよのうな人と付き合うことなると良い関係を築くことは難しいでしょう。

あなたの恋愛が成就できることを祈っています。