自分の才能が開花すれば人生を変えられるかもしれませんね。

あなたはどんな才能が自分の中にあると思いますか?

僕たちの潜在意識にはまだまだ知られざる謎がたくさんあります。

 

世の中の全ての人が同時に自分の才能で生きていけるとしたら、

みんな今より遥かに幸せで楽しく暮らしていけると思いませんか?

 

ですが現実は自分の才能で生活をできる人というのは、

まだまだ全世界の比率としては少ないように思います。

遠い先の未来、僕たちの子孫はきっと才能に目覚めて、

我慢して労働する姿は徐々に減っていくと思います。

 

なぜなら人には「良くなろう」とする意識があるからです。

たとえば病気になったとき、身体は回復しようと自己治癒能力が働きます。

それは自分の意志とは関係なく自律神経によって自然と行われますね?

つまり僕たちの潜在意識にはそのようなプログラムが組み込まれているのです。

 

僕たちは「良くなろう」としている。

とてもシンプルな言葉ですが、とても大切な言葉のように思います。

自分の才能が開花して潜在能力が解放すれば、

きっと毎日がキラキラと輝き、素晴らしい日常が待っています。

そしてあなたの中にその厳選は必ず存在します。

 

今回は潜在能力を開花させる方法をお伝えしたいと思います。

ぜひ日常で少しだけでも意識してみてください。

きっと目の前の現実が少しずつ変化していくでしょう。

 

 

自分の才能に目覚めて潜在能力を開花させる7つの方法

 

 

1、自分の弱さを認める

 

あなたの弱点はどんなものがありますか?

そして自分の弱さを隠そうとしていませんか?

いかがでしょうか。

自分の正直になってみてください。

 

自分に正直になって自分の弱さを認めることで、

はじめて人は前進することができて成長します。

自分の弱さを隠そうとすればそこに意識がまわってしまい、

他のことを考える余裕がなくなってしまいます。

 

ただし「自分には才能はない、弱い人間だ」と自分を下げる必要はありません。

自分の弱さとは、実は自分が弱いと判断しているだけで、

見方を変えることで逆に強みになります

まずは素直に認めることからです。

 

 

2、他人の声に耳を傾ける

 

自分の才能がどこにあるのかなんて分からない人は多いと思います。

それは自分の才能がどこにあるのか気づいていないだけなのです。

才能がどこにあるのかわからなければ開花することもありませんね。

 

なのでここは友人や知人などの周囲の人たちの声に耳を傾ける姿勢が大事です。

なぜなら自分が「これが才能だ!」と思っていたとしても、

それはたんなる思い込みだったという場合もあるからです。

 

あなたはどんなことを多くの人に褒めてもらっていますか?

 

やさしい、おもしろい、落ち着く、楽しい、穏やかになれる、安心感がある…

多くの人から共通して言ってもらえる言葉

それはあなたの才能を一言で言い表しいるものです。

 

 

3、得意なことを見つける

 

あなたの得意なことはなんでしょうか?

必ず自分の得意なことはあります。

どんな些細なことでも構いません。

 

もし些細なことだと萎縮してしまったり、過小評価している理由は、

目で見ている現実に意識が向きすぎているのかもしれません。

才能の源泉には関係のないことです。

もし才能の源泉を些細なことから大きなことへと変えることができたとしたら?

 

たとえば針の穴に糸を通すことは些細なことかもしれませんが、

ダイヤモンドを磨く技師としての器用さがあるかもしれません。

そうなると針の穴に糸を通すより技師の方が世の中に貢献しているので、

そこから得られる報酬も多くなります。

 

 

4、好きな事を仕事にしてみる

 

我慢して自分をすり減らして無感情な日々を送ることは、

自分の才能を開花させることを犠牲にしています。

無感情な世界でいきることになるので自分を見失いやすくなります。

 

たとえ給料が下がったとしても自分の好きなことを仕事にするのが一番なのです。

とは言え、生活が掛かっているのでそう簡単にはいかないかもしれません。

思い切って転職することや、もっと言えば、

自分の才能を生かして独立できることが理想的かもしれませんが、

そこまでするにはかなりの勇気やエネルギーが必要だと思います。

 

ですが忙しい会社員だったとしてもプライベートの時間は必ずありますね?

その時間を有効活用していく自分なりに工夫することが大切です。

代表的なもので言えば週末起業でしょうか。

 

自分の好きなことを仕事にしようと思えば、

考え方次第でいくらでも方法は出てくると思います。

 

 

5、過去の自分に鍵がある

 

あなたが最も楽しいと感じたり、嬉しいかったり、幸せだと感じたことは?

過去を振り返ってみて最も感情が強く揺れたときのことを思い出してみてください。

 

才能の近くは地震の震源と同じように感情が最も強く揺さぶられます

自分の好きを追いかけるとは、自分の感情を追いかけることなのです。

それがモチベーションにも強く関係してきます。

 

自分の過去を振り返り、大切なことに気づいたら、

あとはそれを追いかけるだけ。

たっとそれだけのことです。

つまり才能とは強く感情を感じる方向へと向かうことです。

 

 

6、ありのままの自分を感じる

 

自分に素直になるとも言い換えることができます。

あなたは自分のプライドが邪魔していることはありませんか?

 

自分の気持ちに素直になることは見栄を手放すことでもあります。

しかし見栄を抱えたままというのは本人には気づきにくいのですが、

とてもみっともない姿に見えてしまうものなのです。

 

なのでできる限り自分の生活環境の中で、

ありのままの自分を出していくことを意識してみてください。

きっと周囲の人たちの反応も変わってくるでしょう。

 

それでもうまく付き合えないと感じる人はキッパリと捨てれば良いのです

ありのままの自分を出して合わない環境、人、出来事は、

自分の価値観とは合致しないので遠慮なく手放していきましょう

 

 

7、期限を設ける

 

僕たちはついつい先延ばしにする癖があります。

しなければいけないということは分かっていてもなかなかできません。

本当に好きなことをしていれば期限など意識することもないかもしれませんが、

あなたが何かをはじめたときは期限付きの目標を明確にすることが大切です。

 

そうしなければ、いつまで経っても現状止まりになりかねないからです。

そうすると成長がないのでマンネリ化してしまうことにもなります。

 

自分で自分のタイムマネジメントをすることが大切です。

期限を設けることに抵抗を感じるかもしれません。

それはもしできなかったときに味わうことへの罪悪感などから、

逃れたい気持ちがあるからです。

 

なぜなら人は痛みを優先して避けるように脳にプログラミングされているからです。

 

ですが期限を設けることは潜在意識をも動員させて、

そこに向かって行動力が高まるのも事実です。

どんな結果も素直に認めて、その上でどんどんステップアップすることが重要です。

 

 

才能を開花するには自分をよく知ること

 

自分の才能を開花させるには自分を知らなければいけません。

自分を知ると言うことは、自分の感情を見つめることです。

そのためには今まで嫌で避けていた感情とも、

素直に向き合わなければいけないこともありませす。

 

感情にフタをしたままでは成長できないからです。

なので兄弟や両親と向き合う必要があったりします。

それは兄弟や両親と実際に会って話し合うというのではなく、

兄弟や両親に対して自分が抱いている感情と向き合うことです

 

その過程で実際に会うということもあるかもしれませんが、

どちらにしてもあなたの人生はあなたが主人公です

あなたが自分の人生の脚本を書き、メガホンを取り、役を演じなければいけないのです。

同時にそれは楽しいことでもあるのです。

あなたが自分の才能を開花できることを祈っています。