仕事を辞めたいと思うのは甘えていると思いますか?

誰もが一度は、

「会社を辞めたい」

「仕事に行きたくない」

と思ったことがあると思います。

理不尽なことを言われ続けたり、

粗を探すように毎回何かの指摘を受けたり、

毎日辛い感情を味わって黙って耐え続けたり。

このような日々が続くと誰でも仕事を行きたくないと感じるのは当然のことだと思います。

とは言っても、

「この仕事にやりがいを感じません」

「今の部署だと辛いので部署を変えて下さい」

と言っても、会社はまともに相手をしてくれないどころか、

「なさけないヤツだ」

というレッテルだけ貼られてしまうのが現状なのかもしれません。

そんなときにどのように考え、

そして今後自分がどのようしていくと良いのでしょうか。

あなたの今を変えるための参考になればと思います。

 

~仕事行きたくないは本当に甘え?4つの考え方~

 

仕事行きたくないは本当に甘え?4つの考え方

 

1、会社の方針に従わなければならない

会社という組織に属している以上、

会社の方針に従うことは当たり前になります。

会社に言われたことをミスなく早く確実に行うことが求められると思います。

それができなければ、会社にとって必要な人間にならないからです。

それは普通の社員だけではなく、

管理職も同じことだと思います。

会社という組織に所属する以上、従業員という立場に変わりはないからです。

会社の方針に合致していない人は、

理不尽なことを言われ続けたり、

粗を探すように毎回何かの指摘を受けたり、

毎日辛い感情を味わって黙って耐え続けたり、

とこのような辛さを味わうことになるのかもしれません。

つまり、自分の意志で行動できることは限られるので、

「会社では会社の方針に従うもの」

と考えを改めることが必要かもしれません。

そのように割り切らないと、

会社を行きたくない気持ちも割り切れないのかもしれません。

 

2、サラリーマンでは自己実現は不可能

時間を拘束されて、

やりがいのないことを無理に頑張ったところで、

自己実現ができるでしょうか?

管理職でも平社員でも、

自分の居場所をキープし続けることがやっとではありませんか?

そんな中、会社を通して自分の夢を達成しようなんて思う人はかなり限られていると思います。

大抵、自己実現したいと考える人は、

会社の外で行動することを考えるのではないでしょうか。

そして社内では、

「昨日の休みは、自己実現セミナーに行ってきました」

なんて言おうものなら変な目で見られて、

「○○さん、最近ちょっとおかしくなってる」

なんて後ろ指をさされてしまうのではないでしょうか。

あくまで労働者として雇用主である会社の駒となり、

会社のためだけに働くことが会社で求めれられることだと思います。

仕事を通して何かを学ぶことは、

人生という分厚い本のたった1ページだけのことで、

自己実現をしたいと本気で考える人にしてみると、

それはひとつの通過点に過ぎないのではないでしょうか。

なぜ仕事が行きたくないほど悩むのでしょうか?

なぜ飲み会で愚痴を言うのでしょうか?

なぜ毎日辛い思いをして黙って耐えなければいけないのでしょうか?

仕事に自分のやりがいや夢を達成させるためのスキルを求めても、

組織に属する以上、自己実現は不可能であるとどこかで必ずその思いを抱えているものです。

なので仕事を行きたくないと思う気持ちは当たり前の感情だと思います。

 

3、本当の仕事の辞め方とは?

あなたは仕事を辞めた次は何をしますか?

多くの人は「転職」を考えると思います。

よく考えてみるとそれは、

会社を辞めるのであって、仕事そのものを辞めることではないと思いませんか?

つまり、

また次の組織に所属しても1年後や2年後には、

理不尽なことを言われ続けたり、

粗を探すように毎回何かの指摘を受けたり、

毎日辛い感情を味わって黙って耐え続けたり、

という現実が訪れるかもしれないのです。

この転職という考えでは問題を解決することは難しいのかもしれません。

今の会社に対する不満を根本的に解決したいと本気で思うのなら、

「会社を辞める」

のではなく、

「仕事を辞める」

このような考えにシフトしていかなければいけません。

 

4、価値を提供する生き方

会社では時間を提供して、その対価として給料をもらいますね。

なので毎月保証された安定した収入が入ってきてると思います。

しかし、ここに不満を感じる原因があり、

自分の時間を提供して対価を得る生き方は、

自分の本当の生き方とは言い難いのかもしれません。

自分の力でお金を稼ぐ。

こんなことを考えたことはありますか?

自分の価値を提供する生き方とは、自分の力でお金を稼ぐことになります。

あなたの持っている素晴らしい経験や知識が、

他の人にしてみるとお金を払ってでも知りたいと思うほどの価値があるということです。

この事実を知ることが大切です。

 

まとめ~仕事行きたくないは本当に甘え?4つの考え方~

僕は父から、

「仕事は辛抱するものだ。辛抱すればボーナスも貰える」

と言われてました。

これは父の生きた時代だからこそ通じた考えだと思っています。

しかし今の世の中に通じる考えではないと思います。

これからの時代の辛抱とは、

「成果が出るまでの期間を辛抱強く続ける」

このことだと確信しています。

僕もそうですが人は成果がでるまで自分を信じることができないことが多いと思います。

たとえその道で成功している人の言うことでもです。

一度上手くいった経験をすると二度目三度目は意外と簡単にできるようになりますね?

なので最初の成功体験がとても大切だと思います。

しかし最初の成功体験をどうつくると良いのでしょうか?

それは小さな成功体験を積み重ねて、できた自分を褒めてあげることです。

あなたはどんな夢があり、そこに向けて今日どんな行動をしますか?

どんな些細なことでも夢に向けて行動をした自分を褒めるて認め続けることが大切です。

それに慣れると、他人と比較して落ち込むおとは、

今までよりグッと減ると思います。

ぜひあなたの生き方を見つけて下さい。