遠距離恋愛でいずれは別れてしまうんじゃないかと不安をかんじてませんか?

距離の差はあれど、多くの方が一度は経験したことのあることかもしれません。

遠距離恋愛の上手くいかない共通の理由とはなんでしょう?

どうしたら上手くいくのかの参考にしていただけたらと思います。

1、お互いの将来について語り合う

遠距離恋愛が終わってしまう大きな要因は、計画の無さにあるようです。

2人の向かっていく先が明確ではないので、なかなか動けないときやお互い妥協できそうにない状況などで問題が生じるようです。

しっかりと2人で将来のプランを立てることが必要となるでしょう。

2、定期的に会う

最低でも月1で会うことです。

いくらメール、LINE、電話などでやりとりしても、リアルで会う方が圧倒的に良いです。

繋がりや絆を築くには、直接会って触れ合うことが大切です。

3、常にコミュニケーション

会いないときは、現代文明の力にしっかり頼りましょう。

メールに限らず、フェイスブックやLINEなどSNSも活用し、できれば些細なことで良いので動画や写真を毎日送る。

常に気に掛ける気持ちが大切です。

4、休みをつくる

実際に話しているのと違い、メディアを通すことはお互いの気持ちを十分に伝えきれなかったり、

お互いにすれ違った解釈をしやすいことも知っておく必要があります。

そんなときは、週1か週2くらいで連絡をしない休みの日をつくると良いでしょう。

自分の気持ちを整理したり、再確認するための時間があると良いかもしれません。

5、胸の内をさらけ出す

正直であることです。

自分の今の気持ち、考え、望んでいることなど相手に素直に伝えることです。

そんなときは手紙にして伝えてみると良いかもしれません。

書くという行動は、普段言葉では言えないことも素直に表現できたりもします。

6、手紙を送る

いつも何とも思わないポストに恋人からの手紙が入っていたらどうでしょう?

ちょっとうれしくなりませんか?

今のこの時代、アナログ的な方法ではありますが、とてもロマンチックで気持ちも伝わりやすいでしょう。

7、嫉妬に注意する

分かっていても嫉妬してしまったり、どうしても嫉妬してしまうことはあるかもしれません。

どの関係も同じことですが嫉妬は、信頼と相手への理解の欠如からきます。

遠距離恋愛も信頼が大切です。

相手をコントロールすることは不可能ですので、一緒に過ごす時間で培われた関係を信じましょう。

8、火のないところから煙は立たない

遠距離恋愛であっても、お互いを心から信頼し合っているのは大切なことです。

しかし、例え心から信頼し合っていても、他の異性と出掛けたり、合コンに参加するようなことはNGです。

恋人が見てないからと言っても、全てを意識的にカバーできず必ずバレてしまうので注意です。

9、成就できると信じる

遠距離恋愛では、周囲から長続きしないという意見が直接的にも、間接的にも聞こえてくるでしょう。

身近に、遠距離恋愛で苦い経験をしている人がいる場合、注意が必要です。

耳を傾けないよう心掛けることが大切です。

なぜならばあなたと他人は同じであるはずがないからです。

10、希望を信じる

恋人があなたをいつも愛している、いつでも気にかけてくれていると信じること。

恋人の存在をいつも感じていること。

どうしても疑いや心配が頭から離れないときは、我慢せずに、

そのような気持ちになったことを素直に打ち明けることも大事かもしれません。

ただし、押し付けがましくならないよう配慮することを心掛けてください。

いかがでしたでしょうか?

以上が、遠距離恋愛を乗り切るための10のルールです。

この記事がお役に立てれば幸いです。

あなたが遠距離恋愛で成就できることを心から願っています。