あなたの気になる人は獅子座のAB型でしょうか?

獅子座のAB型男性が好きな人にとる態度や性格、

そして恋愛のパターンなど、

ここでは血液型×星座でより具体的にお伝えしたいと思います。

 

あなたは勘違いしたことに後悔したことはありませんか?

たとえば、

相手が親切に思って伝えてくれたことにたいして、

攻撃さたと思い込んでしまい、

 

「なぜあの人はあんなことを言うんだ!」

 

と感情的になってその後その人のことを避けてしまい、

後々、人づてでそのときの事実を聞かされたとき、

 

「なんてヒドイ誤解をしてしまったんだろう…」

 

このように後悔してしまうことは誰にでもあります。

もっとツライのは、

そのことすら気付かないままになってしまうことです。

 

この世の全ては「思い込み」

 

これは、脳の機能なので仕方のないことなのです。

脳には「一般化」する機能があり、

似ている出来事は全て決まったパターンで解釈するようになっています。

そうしなければ、たくさんの情報を脳は処理しきれないからです。

 

ですが、だからと言って誤解してしまい、

真実を見る目が曇ったままにはしておけませんよね?

そして、今回ご紹介する獅子座AB型男性は、

ここに課題があるようです。

あなたがそんな彼との関わりを深めていくとき、

このことをよく理解しておくことが重要です。

 

男性が好きな人にとる態度×獅子座

 

獅子座×AB型の性格

 

獅子座AB型男性は行動力に溢れます。

そしてもの事にたいする視野が広く、

他人にたいしてもとても面倒見が良いです。

 

AB型の性格からしっかりと人の意見を聞き、

その上で得た情報を冷静に吟味した決断をくだせるリーダータイプです。

しかし、冷静なリーダータイプではあるのですが、

もともとAB型の性格はリーダーの資質があっても

リーダーにはなりたがらない傾向があるようです。

 

リーダーに「向かない」のではなく「ならない」のです。

 

リーダーになるのは面倒だと感じるだけで、

傍観している方がラクという結論にたどり着きやすいです。

 

ですが、社交的で明るくお人よしなところが人気者となり、

そういったかたちでもの事の中心人物になれるなら喜びます。

楽しいから中心にいたいという価値観の違いかもしれません。

だからこそ、ここに注意すべき点があります。

 

それは、中心にいたがる傾向があること。

 

せっかくうまくいく人間関係も自分中心に考えてしまうと、

その独占欲と強引さが人に嫌われてしまう要因となり孤立します。

では、そうならないためにはどうすればよいか?

 

一度、自分の立場から離れて違う視点からグループやもの事を眺めることです。

つまり対象を違った立場から俯瞰して見るという「視点」が重要となります。

そうすることで自分の気付かなかった「思い込み」に気づき、

危険な道を回避することに繋がります。

 

またその経験そのものが面白い体験となり、

いつでも好きなときに柔軟に立場の移動を楽しめるようにもなります。

あなたが獅子座AB型男性を支えていくには、

「気付き」を促せるような接し方が大切です。

 

「あのとき、○○さんはどうどんな気持ちだったんだろうね?」

 

こんな風に相手の気持ちを考えさせる質問など効果的です。

 

 

好きな人にとる態度とは?

 

獅子座AB型男性が好きな人にとる態度は積極的です。

消極的な態度とか受動的な恋愛などとは無縁のようです。

 

そして、恋愛をする相手に求める条件が非常に高いです。

そのため社会的地位や何かの分野で著名な人物など、

みんなから憧れの存在と思われるような人を求めるようです。

つまり付加価値を重要視してしまう傾向があるのです。

 

そして好きな人には気持ちに応えようと誠実に応えます。

その分、相手に対して相応の期待も持っているのも確かです。

なので、期待に応えてくれなかった場合は深く傷ついてしまうようです。

ひどい場合は強い嫉妬心や気性の荒さを見せることもあります。

 

ただ、あまり過去へのこだわりがないので、

わりと一時的であり、フラれても次の恋に情熱を捧げていくでしょう。

 

 

まとめ

 

基本は自分の道は自分で切り開くタイプです。

持ち前の冷静さと行動力でどんどん道を切り開いていきます。

感情の浮き沈みはありますが、

いつまでもクヨクヨする性格ではないので、

すぐに立ち上がって前進します。

 

また恋愛も含めて全てにおいて自分の「思い込み」に囚われないよう、

様々な視点を持ってもの事を見つめる視点を持つことが大切です。

恋愛が成就できることを祈っています。