あなたは人間関係の悩みを解消したいでしょうか?

人間嫌いな人は意外と世の中たくさんいます。

そして人と関わるのが苦手という意識は実は誰しもが持っているものなのです。

自分だけ特別に人付き合いが下手だと思っていませんか?

そして今の時代はネットで簡単に他人と繋がることができますが、

その方法が合う人もいれば合わない人もいますね。

僕はネット上で他人と繋がることは正直嫌いです。

かと言ってリアルで他人と仲良くしたいなんて今でも思っていません。

それでも親しい友人がいますし、

成人してからも気が向いたときにスマートフォンで気軽に連絡できる友人もできました。

特に出会いを求めて行動しているわけでもありません。

そしてあなたが人と関わることが苦手ならば、

いっそのことそんなことは諦めて、

自分が一番素直になれる相手とだけ関わることを選択するのも大切です。

なぜならば、

人は誰とでも仲良くすることは不可能だからです。

 

「そんなことはない、誰とでも仲良くなれるよ!」

 

と思う気持ちもあるかもしれません。

仰る通りそれも大切なことだと思います。

しかし、

あなたが今抱えている人間嫌いと感じるほどの人と関わることが苦手な意識は、

なぜ今現在も抱え続けているのでしょうか。

もしかすると、

今の人間関係に対する考え方そのものを根本的に変えていく必要があるのかもしれません。

 

「人とうまく付き合わなければ」

 

から、

 

「自分が素直になれる人から広げていく」

 

という考え方に変えるだけでも、

今抱えている人と関わるのが苦手な悩みも解消できるかもしれません。

今回は人間嫌いを克服する為の方法をご紹介したいと思います。

 

人間嫌いで人と関わるのが苦手な人が友達をつくる方法

 

1、人間嫌いの原因は?

人間嫌いになる理由は「自分を理解してくれない」ことです。

あるときあなたは過去に何らかのかたちで人と関わることが苦手となる出来事がおこりました。

そしてそのひとつの経験が今後の人生の見方を変えます。

 

「どうせ自分のことを理解してくれない」

 

このとこが前提となって人と接するようになるんです。

そうなるといかがでしょうか。

別にそういう気持ちで接しているわけでもない人に対してもそのように見てしまいます。

そうなるとその前提がどんどん積み重なっていきます。

やがて何がキッカケで人間嫌いになったのかさえ分からなくなります。

こうして人間嫌いに悩む自分がつくられていくのです。

厄介なことに原因を忘れてしまっているので解決のしようがありません。

なので

「今」

悩んでいるのです。

これが人間嫌いになる原因でありメカニズムです。

 

 

2、自分のことを認める

ではどうしようもないんじゃないかと思うかもしれません。

ですがそうではないんです。

なぜそのようなことが言えるかと言うと、

脳は勘違いしやすい臓器だからです。

つまり脳の機能をうまく使って自分で自分を勘違いさせてやれば良いのです。

 

「自分で自分を勘違いさせる?」

 

この言葉だけ聞くととても不思議な感じですね。

そもそも苦手と感じる人に無理して付き合おうとするので上手くいかずに悪い方へと考えてしまいます。

それは健康に良いからと毎日嫌いな食べ物を我慢して食べているのと同じことです。

なので人付き合いで上手くいかないと感じるような場面になったとき、

 

「良く頑張った、それで良い」

 

とこんな風にポジディブなキーワードを入れるようにして心の中で自分を褒めます。

試してみるととても心地の良い感覚になったりすることに驚くと思います。

後はその繰り返しです。

次第に脳も人間嫌いな自分を肯定しはじめます。

やがて苦しさも軽減されていくでしょう。

このように自分を認めていきます。

 

 

3、他人とは理解しあえないもの

実は他人とは理解しあえるものではありません。

この事実をしっかり理解しておく必要がります。

なぜならば、

コミュニケーションには必ずギャップが存在するからです。

自分の言ったことの意図を100%に伝わっているのかというとそうではありません。

なので人とは理解しあえないものを前提として考えることは、

必要以上にイライラしたり憂鬱に感じることなく安定した精神状態を保っていられるのではないでしょうか。

つまり、

他人は他人、自分は自分、

という考え方です。

そしてどうすれば自分の意図が相手に伝わりやすいかを考えるようになります。

コミュニケーションとは、

「相手に何を伝えるかではなくどう伝わったか」

これが大切になります。

なので人間嫌いで人と関わることが苦手なあなたも、

人とは100%理解しあえないものとして考えると人付き合いが楽になります。

 

 

 

4、面倒な人間関係は避けても良い

あなたは自分が人と関わることが大事とばかりに思っていませんか?

面倒だなって感じる人とは無理して関わる必要はありません。

また人によっては、

知らず知らずの内に苦手な人にも無理して付き合おうとしているのかもしれません。

実は人付き合いが上手い人と言うのは、

自分の得意な人間関係から広げいているだけに過ぎません。

ただ今の結果としてあなたより多い人脈を持っていたり、

うまく他人と会話をしているように見えますが、

元のところから見てみると自分の得意なところから広げているだけなのです。

そうしていくうちに誰が自分に合うのか嗅ぎ分けられる嗅覚が身に付き、

そしてそこから少しずつ付き合える範囲を広げています。

なので面倒だと感じる人間関係は避けて、

自分の得意な人間関係に集中してそこから広げる。

それだけで十分なのではないでしょうか。

 

 

5、人間嫌いでも自然体で接する人はいる

人間嫌いである自分を素直に認めて、

素直な自分を表現できるようになると、

周囲に不思議なくらい自分を理解してくれる人が現れはじめます。

それは人それぞれ全く違う受け入れ方をしてくれるようです。

僕の経験上では受け入れてくれる人の受け入れ方もその人の個性があるように思います。

それはお互いが素の状態でいられるからだと思います。

人間関係のコツは諦めることなのかもしれませんね。

上手くやろうとすると緊張して手が硬直したり失敗したりしませんか?

それと同じで、

上手く人付き合いをしようとしても上手くいかないのかもしれません。

 

 

まとめ

1、人間嫌いの原因は?

2、自分のことを認める

3、他人とは理解しあえないもの

4、面倒な人間関係は避けても良い

5、人間嫌いでも自然体で接する人はいる

いかがでしたでしょうか。

以上が人間嫌いで人と関わることが苦手な人でも友達を作る方法でした。

まずは人間嫌いの原因を知って自分のことを認めること。

他人とは理解しあえない前提で面倒な人間関係は避け、

自分が自然体で接することのできる人と関わりを持つ。

人付き合いが上手い人も基本はこれです。

これを早くから行っていて今現在に至っているだけに過ぎません。

なのであなたのも楽しい人間関係を築いていきましょう。

あなたの人間嫌いが強みになることを心から祈っています。