あの人には負けたくない。

どうしてもあの人に勝ちたい。

このような誰にも言えない本音に悩んでいませんか?

本来他人と競い合うことはお互いを成長させるためには、

とても良いことのはずです。

ですが、

ときとして自分自身を苦しめることもありますね。

他人に負けたくない気持ちからとる行動は、

それ自体行動を加速させる力があるのですが…

ですがその行動はいずれにしてもつまずきやすいようにも感じます。

つまり、

動機は他人に負けたくないからでも良いのですが、

その次に、

自分は本当はどうしたいのか?

という本当の目的を見出すことが、

自分の望む結果をつくるために大切になってくると思います。

他人と競うこと争うことを良い意味として扱っていくためにも、

ぜひ参考にして頂きたいと思います。

 

競う・争うを何とかしたい!他人との「戦い」を止める方法

 

他人と争うことをやめるとどうなる?

他人と競う争うことをやめられない人は、

気持ちの上ではなんとかしたいけどどうしても感情が動いてしまう。

このような状態ではないでしょうか。

あの人が良い成績を修めたときのショック。

今まで平行線だった友人が急に収入を得だした。

気になる異性を狙いはじめた親友。

強がらないとなめられてしまうのではないか。

これらは僕自身が実際に感じた感情です。

またそのような他人も見てきました。

もしこのように他人と競う争う気持ちを手放せるとしたら?

あなたはどのようになれると思いますか?

まず理想となる自分を思い描いてみることが大事だと思います。

なぜなら、

どうなりたいかはっきりしないとどうしようもないからです。

なので、

他人と競ってしまう選択を無意識に選んでしまい、

無意識に選択してしまうので自分でもコントロール不能になってしまいます。

もう一度あなたに問います。

あなたは他人と争うことをやめてどうなりたいですか?

 

 

他人と争う原因とは?

他人と競う争う原因は「ものさし」です。

あなたの他人と争っている場面をよく思い出してみてください。

それはどこに意識が向けられていますか?

きっと他人の成果や姿ではありませんか?

問題はどこに意識が向けられているか…のようです。

そのときのあなたは「他人のものさし」で自分の価値基準を決めているのかもしれません。

他人の幸せをあなたの価値基準にむりやり当てはめようとしてもそれは、

夏に咲く花を無理やり冬に咲かせようとしているのと同じことなのかもしれません。

それでは育ちも弱いし環境が合わないので苦しいだけですね。

なので他人の幸せを素直に喜べないと感じたとき、

それは、

「もしかしたら自分の価値基準を他人のものさしで計っていないだろうか?」

と自問してみると良いと思います。

 

 

争いをやめて自分らしく生きる

他人と競う争うことをやめると、

本来の自分らしさを輝かせることができる。

このようになると思います。

なぜ自分らしさを輝かせることができるのでしょう。

それは、

今まで「他人のものさし」で計っていたことを「自分のものさし」に変えたからです。

人間の脳は何かをやめると必ず他の何かをそこに当てはめるようになっています。

そして、

人間の脳は何かと比較することで環境を把握しています。

たとえば、

釣った魚の隣にタバコの箱を置いて写真を撮ると分かりやすいと思いませんか?

それは、

何センチ釣りましたという数値だけを書かれた写真より”信頼”できると思います。

つまり”信頼”なんです。

自分を信じることができないとは言い換えると、

自分を信頼できないことと言えます。

そうなると物事の判断基準を他人へと向けることで「他人のものさし」になるわけです。

本来の自分らしさとは自分を信頼できることが鍵だと思います。

 

 

どのように自分と信頼を結ぶか?

普段あなたはどのような日常生活を送っていますか?

自分と信頼を結ぶためには、

日常の自分の生活スタイルの見直しが必要となります。

たとえば、

ゲームセンターに行ってゲームで負けたとき、

「ああ、負けちゃったよ」

と失敗したことを嘆いた経験が誰でも一回はあると思います。

それはゲームで負けた自分の経験値を1プラスしたことになります。

それが重なりレベル100まで到達するとどうなるでしょうか?

そこはあなたのご想像の通りになると思います。

つまり、

逆に自分でやろうと思った行動を必ず実行できたとしたら?

それは「できる自分」がプラス1されることになりますね。

そうなるといかがでしょうか。

それが重なりレベル100まで到達するとどうなるかというと、

自分への信頼を強化することになります。

それには、

自分が確実にできることを毎日行うこと。

これが大切です。

もう一つ言えば、

今日できた行動を明日はプラス1進化させる…

いえプラス0.1進化させることが理想的です。

これだけで自分への信頼を強化することができます。

 

 

まとめ

いかがでしょうか。

他人と競う争うことができない自分を冷静にみつめて、

本当はどうなりたいかを明確にすること。

そして、

他人のものさしから自分のものさしで生きることを決める。

それには、

自分との信頼を積み重ねることが大切です。

その方法は、

毎日確実にできることを確実に行うこと。

できれば今日できたことを明日はプラス0.1進化させる。

自分自身と向き合う生き方ができると、

人生はとても楽しくなると思います。

あなたの自分らしさが輝くことを心より祈っています。