あなたは仙人系男子のことをご存知でしょうか?

もし気になる彼がストイックに目標に向かっているならば、

それは仙人系男子と言えるかもしれません。

 

そんな彼らの落とし方は簡単なものではないようです。

しかし仙人系男子はひたすら自分が成功するために日々努力を惜しみません。

なので将来的にはかなり期待できるところもあるのです。

 

肉食系男子、草食系男子、雑食系男子…

ちまたに広まったこの○○系男子というタイプ分けは、

もはや当たり前のようになってきていますね。

中には魚食系男子や植物系男子、果てはクリーミー男子なんてものも!?

 

そんな中で新ジャンルとして加わった仙人系男子。

今回は悟りを得たような境地に至っている彼らにフォーカスして、

その特徴と恋愛の落とし方をあなたと考えたいと思います。

 

 

仙人系男子とは?特徴と落とし方

 

 

仙人系男子の特徴とは?

 

・恋愛にたいする関心が低い

・自分の価値観を明確にしている

・もの事の優先順位を決めて行動する

・世の中の流れよりも自分の感性に従う

・一人の時間を楽しめる

・仕事もプライベートも楽しむ方向へ向かう

・いつも穏やかな雰囲気を出している

・他人に依存せず自分の軸を持っている

・自分の信念を貫く

・目標にたいして努力を惜しまない

 

仙人系男子は恋愛にたいして関心がありません。

関心があるのは自分の目標に向かって進むのに必要なスキルや知識です。

なので自分の目の前に多少タイプの女性が現れたとしても、

そこまでの強い関心を持たず、まず自分の目標と天秤に掛けて、

 

「今は女性と関わっている場合ではない」

 

と判断すると優先順位に従って行動してます。

彼らは自分の行動する基準もしっかりと定めていることが多いのです。

なぜなら、目標に向かって歩んでいるからです。

それだけにストイックなのです。

草食系男子や植物系男子は、恋愛に「恐れ」が優先して前に進めないだけであって、

恋愛に関心がないわけではありません。

ですが仙人系男子の場合は、恋愛以外の目標にしか見えておらず、

そのため恋愛に関心がないことが多いようです。

 

 

仙人系男子の魅力とは?

 

いつも穏やかな人は一緒にいて落ち着きますね。

いつも笑顔の人は一緒にいて素敵に見えますね。

そんな人に良い影響を与える雰囲気に女性は自然と惹かれるのかもしれません。

見栄を張らず、素直な自分をさらけ出してくれるその空気には癒されます。

だからでしょうか、仙人系男子の魅力はそこにありそうです。

そんな彼らには「心の豊かさ」を感じさせてくれます。

 

そして仙人系男子は時代の流れに乗らず、

常に自分の軸で動くことを大事にしています。

 

「○○が所有しているから」

「○○が今、人気だから」

「今○○するとお得になるから」

 

このような外部の情報に踊らされることなく自分の価値観で判断する。

もの事の優先順位を明確にして、自分のこだわりを大切にしているようです。

そんな姿にも魅力を感じてしまうのかもしれません。

また他人に依存することなく自分のモノサシで他人を判断せず、

心を常に自分の中心に据えようとする姿勢は、

まさに悟りを開いた姿のように穏やかで女性にしてみると、

そこに安心感を感じてしまうのかもしれません。

 

 

仙人系男子の落とし方とは?

 

仙人系男子に恋をしてしまったら、まず粘り強くなることが前提になります。

なぜなら一生懸命にアプローチかけてもその反応の薄さから、

途中であきらめてしまうからです。

 

しかし仙人系男子と言えども人間です。

人間である以上、100%偏った性格になることはまずありません。

もしかしたらあなたのことを自分の基準で冷静に見つめている可能性だってあるのです。

 

もちろん状況によって今は恋愛をする余裕のなさから距離をおくこともあります。

もしあなたが彼の目標に関われる存在であるなら可能性は高まります。

そうでないにしても彼のことをよく観察することです。

何に打ち込んでいて、何に興味関心を抱いているのか。

すぐに結果を得ようと思わず、忍耐強く関わっていきましょう。

ハッキリ言うと仙人系男子に中途半端な気持ちならばあきらめた方が無難です。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

手に入れたい結果があるなら行動を変えることが大切です。

つまり今まで上手くいっていた恋愛パターンが通用しないからと、

簡単にあきらめてしまうよりは自分の行動パターンを変えてみることで、

また違う結果を得ることができます。

 

特に仙人系男子においては考え方に工夫していく必要がありそうです。

あなたの恋愛が成就できることを祈っています。