自分の才能が分からないあなたへ、手掛かりとなる3つの見つけ方

 

あなたは自分の才能が分からないとお困りではありませんか?

多くの方が勘違いしていることがあります。

それは、才能があればお金持ちになれるとか、幸せになれるです。

それは、才能に対する認識の誤りからきているのかもしれません。

例えば才能は、イチローみたいなスーパースターにしかないと思っていること。

実は才能は誰にでもあります。

今回は、自分の才能が分からないあなたへ、才能の見つけ方をお伝えします。

 

 

1、どれだけ切望しているか

 

僕は中学生のとき、最初の頃は卓球部に所属していました。

しかし、卓球部には入りたくて入ったわけではなかったのです。

中学校では、部活に入ることが義務付けられていたので、仕方なく入らざるを得なかったのです。

やはり、好きではないことなので部活中はつまらなくて仕方がありませんでした。

そんな部活を送る日々を繰り返す中、

僕は部活をサボって体育館の屋根に上がってボーっとするようになりました。

体育館の屋根からは、野球部が練習しているのを観察していました。

何気ない風景、澄み切った青空の下、汗をかきながら楽しそうに一生懸命に練習する同級生達の姿。

そう、僕には楽しそうに見えたのです。

そのときです。

 

「ああ、あの青空の下で思いっきり体を動かしたい!」

 

強く切望していました。

それから、そんな思いで体育館の屋根に上がり見つめる日々が始まりました。

そして、奇跡が起こりました。

1人の友人が僕に野球部の練習に一緒に参加しないかと誘ってきてくれたのです。

僕は、嬉しくてたまりませんでした。

それがキッカケとなり、当時この中学では部活の転入は禁止されていたのですが、

それを乗り越えて野球部に入ることが出来ました。

当時の経験から、以上のポイントが分かります。

 

■心が強く動かされる

■不可能すら可能にしてしまう

■協力者が現れる

 

僕は、野球の才能はありませんでしたが、楽しむ才能はありそうです。

 

 

2、習得の速さ

 

才能の中には、切望という強く心が突き動かされるようなシグナルが送られてこないものもあります。

その場合のもう1つの才能に気付く手段がこの習得の速さです。

僕は、どの工場に勤めても作業を器用にこなすことが得意でした。

例えば、平均30秒で仕上げるような工程を、僅か7秒で行い続けました。

他には、1分30秒掛かる作業を1分以内に仕上げる。

それは右手と左手をそれぞれ別な役割を持たせて、

1と2の工程を同時に行ったり、

手が塞がっているときは足を使って同時進行するなど時間短縮を図りました。

そのとき、よく言われていたのは、

 

「あんたは、頭で理屈を理解しとるんじゃなくて、感性で仕事をしょうる」

 

と言われてました。

そんな僕の才能は、物事を効率化できる才能のようです。

ここから習得の速さの本質とは、

 

■一般常識に囚われない柔軟性

■常に可能性を感じる

 

それは、まるで脳内で繋がれていなかった神経が、繋がった瞬間なのかもしれません。

常識に囚われるとできないと思うことでもできるかもしれないという考え方ができるかどうか。

そのような分野に出会えたら、あなたの才能はそこにあるのかもしれません。

 

 

3、どんなことに満足感を得るか

 

2012年から2013年に掛けて僕は、あるクライアントとコーチングを行っていました。

そしてある時期からその人とセッションをすると、

約2時間後くらいに得も知れぬ幸福感が身体から湧いてくるのです。

今でも不思議な現象だなと感じているのですが、

この人は、元々自分に遠慮しすぎて生きていました。

98%ほぼ全員の人に対して自分の本音を言うことができなかったのです。

そこで、僕はセッション中は常に自分の胸の内にあるものをさらけ出すようにしていきました。

そうすると、人に遠慮するという自分の体に巻き付いた鎖を外すことができたのです。

そこからこの人の人生は大きく変わっていきました。

ここでは、

 

■自分の満たされない欲求を満たした瞬間

■自分の信念を貫いたとき

 

弱みは転じて強みに変わることができます。

それは、自分の弱さを素直に認めて他人に開示することで強みに変えることができます。

上記では、コーチングの中で僕が身体で感じていることを素直に言語化する姿勢を見せ続けることで、

相手の潜在意識に「自分に遠慮しなくて良いですよ」というサインを送り続けていました。

その結果、潜在的に縛っていた心の鎖を外すことができ、

本当は過剰に遠慮せずに、素直に言いたいことを伝えたいという欲求を満たすことができました。

満足感とは、何かに挑戦するにしろ、

今この瞬間で満たされていないものが満たされたときに得られるのかも知れません。

 

 

自分の才能が分からないあなたへ、手掛かりとなる3つの見つけ方~まとめ~

 

いかがでしたでしょうか。

以上が、自分の才能が分からないあなたへ、手掛かりとなる3つの見つけ方でした。

またその他に、

自分に才能がないと思う人の5つの誤解

自分の才能を知りたい!魅力を開花させる方法

あなたの才能を自分で診断する4つの方法

以上3つも参考にして頂くことでよりあなたの才能を理解する手掛かりなればと思っております。

次回は、自分本位改善、自分本意の意味と自分らしさ

についてお伝えしていきたいと思っています。

あなたの才能の手掛かりとして参考になれば幸いです。